2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 判決は9月15日、TICA Asia「名誉毀損」「嫌がらせ」裁判 | トップページ | Spring Board Meeting TICAルール改正案⑤::Registration Rule 39.16の追加案 »

2021年5月21日 (金)

Spring Board Meeting TICAルール改正案④::Registration Rule 37.8.3など

17、19日の続きになります。

BG、SV、CUにおいて、これまで通り創出の際に使ってきた起源の猫種(BGなら「Asian Leopard Cat Prionailurus bengalensis」、SVなら「Serval Leptailurus serval」、CUなら「Jungle Cat Felis chaus」)を繁殖に使えるようにし、チャンピオンシップへの出陳を従来通り可能にするための改正といえます。

【Registratiobn Rules 37.8.3等の改正案】

37.8.3 Upon application for recognition for championship status, the members of the breed section shall vote which of four five categories (I, II, III, or IV, or V) shall be used for determining eligibility for registration and championship competition.

【Standing Rules 307の表における記載の変更案】

– DELETE Bengal, Savannah & Chausie from Category I in Table in 307.1. Add new column for Category V Domestic x Non-Domestic Source Breeds:
– 307.1の表の「カテゴリーⅠ」からベンガル、サバンナ、チャウシーを削除し、「カテゴリーⅤ」として「ドメスティック種 × ノンドメスティック種を起源に持つ猫種」を加える。 

Championship Eligibility(チャンピオンシップの要件) - SBT/SBV, Outcross Policy - Only within a Breed Group, Breeds: Bengal, Chausie & Savannah

307.2 Category I Breeds. The following breeds are included in CategoryⅠから「Bengal, Savannah & Chausie」を削除

【Standing Ruel 307.6等の改正案】

307.6 Category V Breeds. The following breeds (together with their permissible outcrosses or source breeds) are included in Category V: There are no breeds currently in Category V. Bengal, Savannah, Chausie
307.6 カテゴリーⅤの猫種。以下の猫種(その許容される交配種または起源種を含む)は「カテゴリーⅤ」に含まれる。ベンガル、サバンナ、チャウシー

307.6.1 A breed requesting an outcross that is part of a breed group must specify whether it wants to include only that breed, or the entire breed group.
307.6.1 猫種グループの一部である交配を希望する猫種は、その猫種のみを含めるのか、それとも猫種グループ全体を含めるのかを指定しなければならない。

307.6.2 Category V breeds advancing to championship as Category I must have the following registration status codes to be eligible to be shown in the Advanced New Breed Class: SB, CO, or C3.
307.6.2 チャンピオンシップに昇格する「カテゴリーⅤ」の猫種は、ANBクラスに出陳する資格を得るために、以下の登録ステータスコードを持っていなければならない。SB、CO、またはC3。

307.6.3 After the transfer of a breeds out of Category V to another Category it is no longer possible to register any additional non-domestic source species relevant to that breed in the Foundation Registry. The only possible registration is offspring of TICA registered cats with a non-domestic feline in the three-generation pedigree which are only registered with the aim to breed out the non-domestic source species. This 307.6.3 takes effect December 31, 2021.
307.6.3 「カテゴリーⅤ」から他のカテゴリーに移った後は、その猫種に関連するドメスティック猫の起源種をファンデーション登録に追加登録することはできなくなる。唯一登録が可能なのは、三代血統書にノンドメスティック猫を持つTICA登録猫の子孫で、ノンドメスティック猫の起源種を繁殖させる目的で登録されたもののみである。この307.6.3は2021年12月31日に発効する。

307.6.4 For registration as a non-domestic source species hybrid Category V, a first-generation hybrid MUST have one parent that is a non-domestic source species and one that is a domestic feline.
307.6.4 「カテゴリーⅤ」として登録する場合、第一世代のハイブリッドは一方の親がノンドメスティック猫の起源種で、もう一方の親がドメスティック猫でなければならない。

※「東京地裁『尋問』、〝セカンドハラスメント〟の場ではない」「Asia East Region公式サイトの議事録『和訳』で理解できる?」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で20日、新たに5721人の感染が確認されました。

東京都で20日、新たに843人の感染が確認されました。前週の木曜日に比べ16.5%減りました。

埼玉県で20日、新たに228人の感染が確認されました。

神奈川県で20日、新たに308人の感染が確認されました。

千葉県で20日、新たに114人の感染が確認されました。

大阪府で20日、新たに501人の感染が確認されました。

愛知県で20日、新たに633人の感染が確認されました。

福岡県で20日、新たに399人(うち福岡市163人、北九州市86人)の感染が確認されました。

北海道で20日、新たに過去2番目に多い681(うち札幌市も過去2番目に多い394人)の感染が確認されました。

« 判決は9月15日、TICA Asia「名誉毀損」「嫌がらせ」裁判 | トップページ | Spring Board Meeting TICAルール改正案⑤::Registration Rule 39.16の追加案 »

無料ブログはココログ