2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない㉕ | トップページ | 東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない㉗ »

2021年5月31日 (月)

東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない㉖

当時のTICA Asia Region公式サイトはもうありませんから、歴代ディレクターT氏がRegion公式サイトで何を書いていたか多くのメンバーが忘れていると思いますが、私たちはその記載内容を「名誉棄損」&「パワハラ(嫌がらせ)」裁判の証拠(甲第12号証)として提出しています。

東京地裁での「尋問」ではRegion公式サイトの記載についても問われ、T氏は証言しました。

【「誠に遺憾な行動」「抗議する」と書いてあったが…】

T氏は当時のRegion公式サイトに「2013.9.24 アジアリジョンメンバーの皆様へのお知らせ」と題し、次の文章を掲載していました。

------------------------------------
屋和田ジャッジは二段階の降格措置が取られた事に反省することもなく、この1ケ月程の間に、立候補声明文やコラムと称し、継続的に自分のクラブサイトにて、TICAに対するネガティブキャンペーンを行っています。

その主張の多くはアジアディレクター、日本国内のジャッジそしてメンバーをターゲットにした、どれも自己弁護目的の不当な他者批判であり、誠に遺憾な行動です。

これはTICAに対する侮蔑や、酷い誤解を生じさせるものとして私は認識しており、屋和田ジャッジに強く抗議するものです。
------------------------------------

被告代理人はこの記載がある書証(甲第12号証)を示しながら次のように質問しました。

------------------------------------

被告代理人:「うんぬんかんぬん『抗議するものです』ってあるんですけれど、これは誰の意見になるんですか」

T氏:「私を含め、TICAの・・・、ボードの意見です」

被告代理人:「TICAのボード全体の意見っていうことになるんですか」

T氏:「そうです」
------------------------------------

【TICAボードからは「抗議」の音沙汰なく】

しかし、私は今に至るまでTICA Boardから「強く抗議する」旨の連絡は受けていません。

「強く抗議」するからには何を抗議するのか「目的語」が必要なわけですが、T氏が当時のRegion公式サイトで記載したような「TICAに対するネガティブキャンペーンを行っている」とか、「自己弁護目的の不当な他者批判」をしているとか、「TICAに対する侮蔑や、酷い誤解を生じさせる」といった指摘や注意の連絡は一切もらっていないのです。

もしT氏の書いたことが正しく、私が「TICAに対するネガティブキャンペーンを行って」「自己弁護目的の不当な他者批判」をし「TICAに対する侮蔑や、酷い誤解を生じさせる」ようなことをしていたなら、TICA Boardは手厳しく注意し、指を咥えて漫然と放置しておくはずがありません。

【〝虎の威を借る狐〟は誰か?】

米TICA本部にしてもTICA Boardにしても当時のTICA会長にしても、私が「TICAに対するネガティブキャンペーンを行って」「自己弁護目的の不当な他者批判」をし「TICAに対する侮蔑や、酷い誤解を生じさせる」ようなことをしたなら、正面から堂々と抗議したことでしょう。

「非公開会議(=秘密会議)」の場だからといって合理的裏付け根拠を示すことなどそっちのけで口汚く罵ったり、陰で悪質な誹謗中傷の邪推や憶測を流したりといった卑怯極まりない卑劣なことをするはずがありません。

何度も言いますが、米TICA本部にもTICA Boardにも強制的な捜査権や調査権はなく、アクトも私もブログの記載内容や表現に関して捜査も調査も受けていないのです。

こうした状況証拠に鑑みれば、私にはTICA Boardの〝威を借る〟DirectorがRegion公式サイトに私の社会的評価を貶め、低下させるようなことを感情の赴くままに書き連ねたとしか思えないというわけです。

※「Asia East Region公式サイトの議事録『和訳』で理解できる?」 は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で30日、新たに2874人の感染が確認されました。

東京都で30日、新たに448人の感染が確認されました。前週の曜日に比べ16.3%減り、17日連続で前の週の同じ曜日を下回っています。

埼玉県で30日、新たに122人の感染が確認されました。

神奈川県で30日、新たに233人の感染が確認されました。

千葉県で30日、新たに93人の感染が確認されました。

大阪府で30日、新たに197人の感染が確認されました。

愛知県で30日、新たに305人の感染が確認されました。

福岡県で30日、新たに152人(うち福岡市79人、北九州市14人)の感染が確認されました。

北海道で30日、新たに286(うち札幌市164人)の感染が確認されました。

« 東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない㉕ | トップページ | 東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない㉗ »

無料ブログはココログ