2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

« 「必ず開催します」4月17日上田ショーは?? | トップページ | AE Region公式サイト「議事録」に重要な翻訳漏れ »

2021年4月 1日 (木)

「和解」交渉に入るか否かで引き続き協議へ

2人の歴代アジアディレクターによる私とアクトクラブ員に対する「パワハラ(嫌がらせ)」/「名誉毀損」に関する裁判と、当時のOディレクターが別訴(当初は反訴として提起)で起こしたアクトのブログに関する「名誉毀損」裁判の「和解」に向けた意思確認が昨日、東京地裁626号法廷でありました。

改めて「和解」交渉に入るか否かを協議するため、4月22日(木)に新たな期日が設けられました。

【歴代アジアディレクター2人は出廷せず】

私とアクトクラブ員は弁護士と共に出廷しましたが、2人の歴代アジアディレクターは出廷せず、代理人弁護士だけでした。

私とアクトクラブ員側は「和解」に臨むに当たって、「和解条項」において「謝罪」云々の文言を入れることに拘らない、金銭も拘らないーーの2点を示し、最大限に譲歩しました。

相手側は弁護士だけしか出廷していないので、持ち帰って2人の歴代アジアディレクターと相談するとのことでした。

【初めから「和解」は拒否するつもりだった?】

もともと「和解」するつもりがあるなら、歴代アジアディレクター2人とも出廷していたと思うのですが、出廷しないということは「謝罪」もしないし「金銭」も支払わないと決めていて、初めから「和解」は拒否するつもりでいたのかもしれません。(※2人の当日の都合もあったかもしれませんが…)

しかし蓋を開けたら、私とアクトクラブ員が「謝罪」にも「金銭」にも拘らない姿勢を見せたので、相手側の代理人弁護士も歴代アジアディレクター2人と改めて相談せざるを得なかった…という可能性もあります。

こちらとしては、「和解」が成立したとしても、「裁判官から言われたから『和解』しただけに過ぎない…」などと言って、いつまでも2013年4月29日のアクトショーのことなどを蒸し返されては迷惑極まりないので、今後、「和解」交渉が進むようなら「和解条項」に何をどのように盛り込むのかについては拘りたいと思っています。

【Regionメンバー全員が「和解」を実感できるか?】

大切なのは単に「和解」を成立させることではなく、TICA Asia East Regionメンバー全員が「和解」したのだということを実感できるような内容にすることだと私は考えています。(※アクトクラブ員がどう思っているかまでは知りません)

したがって、Regionメンバー全員が「和解条項」を読んでみて、すっと「これで全てが終わり、新しいRegion運営がスタートするのね」と思ってもらえるようにすることが大切だろうと思います。

もちろん当事者は4人いるわけで、アクトクラブ員には私が理解を求めるとしても、歴代アジアディレクター2人も同じ考えでなければ「和解」はまとまらないというわけです。

※「東京地裁『尋問』、問題点〝すり替え〟は巧妙な戦略?」「Asia East Region公式サイトの議事録『和訳』で理解できる?」「ベンガルは本当に『確立された猫種』と言えるか?」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で31日、新たに2841人の感染が確認されました。2日連続で2000人を超えています。

東京都で31日、新たに414人の感染が確認されました。

埼玉県で31日、新たに152人の感染が確認されました。

神奈川県で31日、新たに137人の感染が確認されました。

千葉県で31日、新たに106人の感染が確認されました。

大阪府で31日、新たに599人の感染が確認されました。

愛知県で31日、新たに99人の感染が確認されました。

福岡県で31日、新たに29人(うち福岡市9人、北九州市10人)の感染が確認されました。

北海道で31日、新たに76(うち札幌市43人)の感染が確認されました。

« 「必ず開催します」4月17日上田ショーは?? | トップページ | AE Region公式サイト「議事録」に重要な翻訳漏れ »

無料ブログはココログ