2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない③ | トップページ | 東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない⑤ »

2021年4月16日 (金)

東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない④

当時Asia Region DirectorだったT氏は、東京地裁での「尋問」で、2013年4月29日のアクトショーが「不正なショー」であったと証言し、それは〝ただ猫〟がいて「証拠もある」ということのようでした。

【T氏自ら〝ただ猫〟を受け入れていた事実】

T氏が今回の裁判で精緻な立証をしているわけではないので、〝ただ猫〟がどう「不正」と結び付くのか分かりませんが、T氏がAsia Region Directorだった当時のリジョンショーではT氏自らが〝ただ猫〟を受け入れていました。

そうであるなら、T氏がAsia Region Directorだった当時のリジョンショーの〝ただ猫〟は「不正」ではなく、2013年4月29日のアクトショーで〝ただ猫〟がいたなら「不正なショー」であると主張する根拠が全く分かりません。

自分の〝不正〟は棚に上げ、アクトにだけ「不正」のレッテルを貼って悪者に仕立て上げようとしているのであれば、卑怯で卑劣と思うメンバーがいても不思議ではないでしょう。

【T氏リジョンショーでの〝ただ猫〟との違いは?】

T氏がAsia Region Directorだった当時のリジョンショーの〝ただ猫〟と、2013年4月29日のアクトショーで〝ただ猫〟(※本当に事実であったとするなら…)で違いがあるなら、T氏はアクト4月ショーを「不正なショー」であったと決め付ける前に、その違いを説明すべきでしょう。

同時に、T氏が東京地裁の法廷で証言した「証拠がある」ということについても、その「証拠」なるものは、単に〝ただ猫〟がいたということだけでは不十分ということになります。

T氏がAsia Region Directorだった当時のリジョンショーの〝ただ猫〟は「不正」とは言えなくて、アクト4月ショーの〝ただ猫〟だけが(もし本当に居たとするなら)「不正」であると言える「証拠」も伴わなくてはならないからです。

【O氏オーナークラブも〝ただ猫〟半ば常態化】

Asia Region Directorを通算3期9年間務めたO氏がオーナーのクラブでも〝ただ猫〟は半ば常態化していました。

アクトクラブ員が袂を分かった後に1度だけ断られたことがありましたが、それまではアクトクラブ員の〝ただ猫〟はエントリーされていて、このクラブのショーのキャットカウント増に貢献していました。

いわば当時のAsia Regionにおいて、いわゆる〝ただ猫〟なるエントリーは珍しいことではなかったわけで、それでもなおT氏がアクト4月ショーだけ槍玉に挙げて「不正なショー」だと糾弾する根拠はどこにあるのでしょうか。

裁判はまだ終わっていないので、もしかすると今後、T氏がその辺の立証をしていくのかもしれませんが、もし避けるようであれば法定外であってもRegionメンバー全員に詳細に説明する責任があるでしょう。

※「Asia East Region公式サイトの議事録『和訳』で理解できる?」「ベンガルは本当に『確立された猫種』と言えるか?」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で15日、新たに4574人の感染が確認されました。4000人を超えるのは2日連続です。

東京都で15日、新たに729人の感染が確認されました。700人を超えるのは2月4日以来で、前の週の木曜日に比べ34%増え、15日連続で前週の同じ曜日を上回っています。

埼玉県で15日、新たに188人の感染が確認されました。「緊急事態宣言」解除後で最多です。

神奈川県で15日、新たに242人の感染が確認されました。200人を超えるのは2日連続です。

千葉県で15日、新たに144人の感染が確認されました。

大阪府で15日、新たに過去最多となる1208人の感染が確認されました。1000人を超えるのは3日連続です。

愛知県で15日、新たに218人の感染が確認されました。200人を超えるのは2日連続です。

福岡県で15日、新たに109人(うち福岡市52人、北九州市16人)の感染が確認されました。

北海道で15日、新たに101(うち札幌市79人)の感染が確認されました。

« 東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない③ | トップページ | 東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない⑤ »

無料ブログはココログ