2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 「○○○ Cat Show」の「出陳拒否」裁判は被告側が「深謝」 | トップページ | フォローアップ「ルール改正」①「出陳拒否」に一定の歯止め効果 »

2020年12月 2日 (水)

なぜルール改正の投票結果は伝えない?

TICA Asia East Region Directorはなぜ、「ルール改正」の投票結果をRegion公式サイトを通じて公表しないのでしょうか。

単に忘れてしまったのか、それとも公表したくない事情があるのか、あるいは多くのRegionメンバーから「TICAのルールに関することはRegionサイトに掲載しないでほしい」という声が寄せられているのか…。

【「ルール改正」の重要性を軽視?無視?】

今回の投票は、①TICA会長/副会長選挙、②Breed Committeeの選挙、③TICAのルール改正案の一般メンバー投票の3本立てでした。

メンバーの関心が最も高いのは①であることは論を待ちませんが、重要性という意味では③は①に劣らず大切であり、TICA Asia East Region Directorは投票結果を知らせる義務があったはずです。

②に関しては、メンバーそれぞれが異なったBreed Committeeに属している以上、メンバー全員の関心度という点で①と③に比べて劣るのは当然かと思います。

いずれにしても、「ルール改正」の投票結果を「その他結果」と十把一絡げにしてしまう感覚は私には理解できませんし、TICA Asia East Region Directorとして決してはしてはならないでしょう。

【改正の中身を良く理解していなかった?】

TICA Asia East Region DirectorはRegion公式サイトの10月25日の「TICA 投票の件」の「お知らせ」で、「ルール改正案」について取り上げているわけです。

それを読む限り、中身を良く理解していなかったとしか思えない内容でしたが、そうであったとしても自ら取り上げてメンバーに知らしめた以上、投票結果についても知らせる義務があったはずです。

10月25日から1カ月もあったわけですから、その間にルール改正案をじっくり読み込み、理解不足な点や誤解していた点があればしっかり改め、投票結果を公表する際に修正すれば良かっただけですが、それすらしないのはやる気の無さの表れとしか思えません。

【「学ぶ」ことの重要性、「調べる」ことの大切さ】

TICA Asia East Region DirectorはRegionメンバーの誰より「学び」「調べ」「勉強する」努力をしなければならないはずです。

そして、誰よりも「学び」「調べ」「勉強する」努力を通じ、組織全体に「学び」「調べ」「勉強する」組織風土を根付かせることもリーダーシップのひとつと言えます。

TICA Asia East Region Directorが杜撰でいい加減なルール改正案の要約を掲載し、投票結果を無視するようでは、一般メンバーに対しあたかもTICAのルールなどどうでもいいと言っているようなものであり、Region全体にルール軽視の風潮が染み渡ってしまうでしょう。

それが本当にいいことなのかどうか、Regionメンバー全員が真剣に考えなければならない問題ではないでしょうか。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国の重症者数が1日時点で最多更新の493人になりました。最多更新は9日連続です。

日本全国で1日、1日としては過去最多となる41人の死亡が確認されました。

東京都で1日、新たに372人の感染が確認されました。火曜日としては最多で、7日連続で300人を超えました。

埼玉県で1日、新たに104人の感染が確認されました。

神奈川県で1日、新たに158人の感染が確認されました。

千葉県で1日、新たに74人の感染が確認されました。

大阪府で1日、新たに318人の感染が確認されました。

愛知県で1日、新たに197人の感染が確認されました。

福岡県で1日、新たに33人(うち福岡市14人、北九州市3人)の感染が確認されました。

北海道で1日、新たに206人(うち札幌市141人)の感染が確認されました。死者は1日としては過去最多の14人でした。

« 「○○○ Cat Show」の「出陳拒否」裁判は被告側が「深謝」 | トップページ | フォローアップ「ルール改正」①「出陳拒否」に一定の歯止め効果 »

無料ブログはココログ