2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

« 【TICAルール改正】(続)ポイント解説を始める前に… | トップページ | TICA Asia Eastで「完全に緩んでいる」人 »

2020年11月19日 (木)

【TICAルール改正】ポイント解説①Proposal 1~3

◆菅首相は19日、「最大限の警戒状況」との認識を示しました。

長野県で最多更新30人の新規感染者・・県全域を対象に「新型コロナウイルス注意報」を発出している長野県で7日連続で2桁の新たな感染者が確認されました。

上田市や長野市など8つの市と町で新たな感染が確認され、累計感染者は500人を超えました。
18

◆日本全国で2200人超え過去最多・・・18日に新たに2202人の感染が確認され、14日の1737人を大きく上回り過去最多を更新しました。

◆日本医師会の中川会長が警鐘・・・18日の定例会見で「コロナに慣れないでください。コロナを甘く見ないでください」と国民に警鐘を鳴らしました。

====================================

締切は日本時間11月24日(火)午後2:59です。

◆Proposal 1 - Amend By-Law 112.2, Standing Rules 102.1.5 and 1012.1(Countries and Regions)

香港やマカオが中国の一部であり、それらが国でないことは明らかであり、台湾についても多くの国々が「国」ではなく「地域」としているにもかかわらず、TICAでは長年にわたりルール上、「国」と位置付けてきました。

この改正案は私も提案していたものであり、今回の改正案が通れば、香港やマカオ、台湾は「area」という位置付けになります。

TICA Asia East Regionメンバーの中には「言葉遊びのようなこと関係ないわ」と思う人がいるかもしれませんが、台湾を「国」とルール上、位置付けていることが中国にばれたら、TICAは中国で活動できなくなることは火を見るより明らかです。

本来はもっと早い段階で歴代のTICA Asia(East)Region Directorが指摘すべきでしたが、ようやく改正できる道筋がつきました。

しかし、TICA Asia East Region公式サイトを見ても、この改正案の重要性はさっぱり分からず、Asia East Region Directorがこの改正案の本質を理解していないのではないかと思わざるを得ません。

私はProposal 1の改正案に賛成します。

◆Proposal 2 - Amend Show Rules 29.1.1(Show Committee)

TICA Asia East Region公式サイトには、「提案2ー 細則の29.11 (ショーコミティー)の改定 変更点要約:ショーコミテイーの構成変更→TICAのショールールを熟知したクラブメンバーと個人から構成されることとする」と書いてありますが、これでは改正の重要性が全く分かりません。

現在のShow Ruleにおいて「ショーコミッティー」の要件は、「ショールールとショー運営に精通した(あるいは熟知した)、少なくとも5人のメンバーから成ると定めていますが、改正案はこの「5人」という人数を削除し、「club members and individuals」とするものです。

確かに、現実的に「ショーコミッティー」メンバーはクラブ員であることがほとんどなわけですから、改正案は現実に合わせたものと言えますが、だからと言って、どさくさ紛れに最少構成人数まで削除するのは〝邪道〟でしょう。

私は、「club members and individuals」とすることに異論はありませんが、参考反対意見にも記載があるようにショーコミッティーの最少構成人数まで削除してしまうことには反対です。

私はProposal 2の改正案に反対します。(※ショーコミッティーメンバーの人数については別途、削除すべきかどうかも含めて議論すべきであると考えています)

◆Proposal 3 - Amend Show Rules 216.9.1 (Biting)
TICA Asia East Region公式サイトには「細則の216.9.1 (噛みつき)の改定」と書いてありますが、機械翻訳したものを掲載したとしても、余りに乱暴な書き方です。

また「ショーで噛み付いてDQ(ディスクオリファイド)された猫は、”TICAのショーにエントリー及び出陳資格を失う”を追加」と書いてありますが、明らかな間違いですのでTICA Asia East Regionメンバーのみなさんにおかれては注意してください。

Asia East Region Directorは現行のルールも改正案も良く読んでいないか、正確に理解していないものと思われます。

このルールの改正案は「If three disqualifications for biting by the same cat occur」の場合であって、単に1度だけ「DQ(失格)」になっただけでは「”TICAのショーにエントリー及び出陳資格を失う」ことにはなりません。

現在は同じ猫が噛み付いて3回「失格」になると、その猫はタイトル取得にかかわるポイントが計算されなくなります(the cat will no longer be scored or allowed to confirm titles)が、これにエントリー禁止とTICAのショーへの参加禁止も加えられることになります。

私はProposal 3の改正案に賛成します。

(続く)

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

東京都で18日、新たに過去最多となる493人の感染が確認されました。これまでは8月1日の472人が最多でした。

埼玉県で18日、新たに過去最多となる126人の感染が確認されました。

神奈川県で18日、新たに過去最多となる226人の感染が確認されました。200人を超えるのも初めてです。

千葉県で18日、新たに66人の感染が確認されました。60人を超えるのは8日連続です。

大阪府で18日、新たに過去2番目に多い273人の感染が確認されました。

愛知県で18日、新たに141人の感染が確認されました。

福岡県で18日、新たに22人(うち福岡市6人、北九州市4人)の感染が確認されました。

◆北海道で18日、新たに過去3番目に多い233人(うち札幌市136人)の感染が確認されました。100人を超えるのは14日連続です。

« 【TICAルール改正】(続)ポイント解説を始める前に… | トップページ | TICA Asia Eastで「完全に緩んでいる」人 »