2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

« 「大阪都構想」住民投票結果から猫界が学ぶべきこと | トップページ | 大企業の不祥事に通じる猫界の〝闇〟の組織構造 »

2020年11月 4日 (水)

猫界も要注意!前日に突如中止になった世界戦の教訓

◆長野県で3日、新たに5人の感染が確認されました。同県で5人以上の感染が確認されたのは9月3日以来、1カ月ぶりです。

さて、プロボクシングのWBAライトフライ級タイトルマッチが3日、大阪で行われる予定でしたが、その前日の2日に突如中止になりました。

猫界でこのタイトルマッチに興味を持っていたTICA Asia East Regionメンバーはごくごく一部だろうと思いますが、中止になったいきさつは〝教訓〟として活かすことができますし、また活かさなければならないでしょう。

【抗原検査「陰性」も2日朝のPCR検査で「陽性」】

各種報道をベースに経緯を追ってみましょう。

このタイトルマッチは王者である京口紘人選手に、同級10位のタノンサック・シムシー選手が挑む予定でした。

京口選手は、2日朝にPCR検査の検体採取後、午前9時半から大阪市内のホテルで行われた調印式と計量に出席し、その間に京口選手のチーフトレーナーが抗原検査を行ったところ「陽性」反応が出たとのことでした。

濃厚接触者である京口選手も抗原検査を受けましたが「陰性」。しかしPCR検査の結果は「陽性」となったため、緊急中止が決定しました。

京口選手もチーフトレーナーも「無症状」だったということです。

【1日には予備健診が行われていたにもかかわらず…】

京口選手とチーフトレーナーは10月31日まで、東京都内のジムで調整し、その日の夜に大阪へ移動し。1日に予備検診を行い、その際に行われた抗原検査では陰性だったそうです。

抗原検査とPCR検査の違いはあるものの、わずか1日で「陽性」に変わったとも言え、試合を目前に控えて厳しい減量中でもあったことから、京口選手が多くの人と接触したとは考えられず、感染経路が全く分かりません。

【無症状でわずか1日で感染して「陽性」になる】

プロボクシングの世界戦という、一般のイベントよりも厳しい健康管理下にあっても、今回のような事態が起きるところが新型コロナの怖ろしさと言えるかもしれません。

キャットショーという「趣味のイベント」でも、10月1日以降、37.5℃以上の発熱がなかったとしても、「無症状」でショー開催日の前日に感染し、そのままショー会場に入る可能性が十分にあるわけです。

予備健診があるわけでもなく、抗原検査やPCR検査を課すわけでもなく、健康状況を紙で出させるわけでもないのですから、プロボクシングの世界戦に比べればほぼ「無防備」の状態でショーが開催されることになります。

【「新型コロナ禍における興行の難しさを実感」…】

スポーツタイムズ通信社の報道では、日本ボクシングコミッション(JBC)事務局長のコメントが掲載されており、次のように話しています。

「改めて新型コロナ禍における興行の難しさを実感した。もしものことがあれば、今後ボクシング興行ができなくなるため、ガイドラインに沿い、リスクを考えての苦渋の決断となった」

「もう一度ガイドラインの厳守を呼びかけて徹底しなければならない」

「ガイドライン違反者が出るなど、まだジムによって新型コロナ感染予防に対する意識のギャップを感じる。ジムの管理体制を見直し、ライセンス保持者、選手らの意識を高めることが重要になる」--。

【「猫界に関係ない」と無視するか、学ぼうとするか】

TICA Asia East Region Directorをはじめ、日本のクラブ代表者/Judgeは、所詮「趣味の世界」のイベントとは無関係と知らん顔をするでしょうか、それとも何かを学ぼうとするでしょうか。

「ガイドライン」でさえ作成する労を厭うTICA Asia East Region Directorですから、気にもしないかもしれませんし、一部の楽観的なメンバーも同じことでしょう。

しかし、何度も言いますが、今回は「人の命」にかかわってくるわけです。

それともキャットショーに参加して万が一の事態に陥っても「ショーに参加してそうなるなら本望…」と考えているのでしょうか。

ショー再開に向けて「感染防止策」を講じるなら、世の中で起きている様々なケースに応じて何度も何度も見直すべきであり、「ガイドライン」についても今からでも遅くはないと考え直し取り組むべきでしょう。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

東京都で3日、新たに209人の感染が確認されました。

埼玉県で3日、新たに30人の感染が確認されました。

神奈川県で3日、新たに69人の感染が確認されました。

千葉県で3日、新たに40人の感染が確認されました。

大阪府で3日、新たに156人の感染が確認されました。1日の感染者が150人を超えるのは8月21日以来で74日ぶりです。

愛知県で3日、新たに85人の感染が確認されました。

福岡県で3日、新たに2人(福岡市)の感染が確認されました。

◆北海道で3日、新たに71人の感染が確認されました。

« 「大阪都構想」住民投票結果から猫界が学ぶべきこと | トップページ | 大企業の不祥事に通じる猫界の〝闇〟の組織構造 »