2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

« ショー再開の根拠らしき前提はもはや崩れた | トップページ | 【TICAルール改正】(続)ポイント解説を始める前に… »

2020年11月17日 (火)

【TICAルール改正】ポイント解説を始める前に…

◆長野県は5日連続で2桁の新規感染者・・・県全域を対象に「新型コロナウイルス注意報」を発出している長野県で16日、新たに10人の感染が確認されました。

上田市でも新たに1人の感染が確認されたほか、上田市に隣接する長野市で7人が確認されました。

====================================

TICAの会長・副会長選挙とブリードコミッティーメンバー、そしてTICAルール改正のメンバー投票が迫ってきました。

締切は日本時間11月24日(火)午後2:59です。

ポイント解説する前に苦言を呈しておくと、TICA Asia East Region DirectorによるRegion公式サイトへの掲載のお粗末さです。

【原文のまま1カ月放置される「議事録」】

ルール改正案を理解する上で大事な昨年9月のAnnual Board Meetingの議事録は(取り急ぎ 原文のまま)と掲載されて1カ月が経ちますが、今なお日本語訳が掲載されていません。

「取り急ぎ」というのはビジネスの場でも良く使いますが、あくまで「つなぎの言葉」に過ぎず、その後、詳しく何かするという場合に使います。

TICA Asia East Region Directorは「取り急ぎ 原文のまま」と書いていますから、社会常識に従えば「後ほど和訳を掲載します」という意味に読み取るのが普通でしょう。

自分で翻訳するにしても翻訳会社に依頼しているにしても余りに遅すぎると言わざるを得ません。

「口からでまかせ」のひとつと言うこともでき、その意味では歴代のAsia(East)Directorの悪癖というか悪習を踏襲しているといえるかもしれません。

【なぜ敢えて「改定」を使うのか意味不明】

TICA Asia East Region公式サイトを見ると、「TICA 投票の件」の下にずらっと並んでいるルール改正案は全て「改定」となっています。

原文で使われているAmendは「修正」「改正」の意味があり、法令やルールの場合、間違いや不都合な部分、あるいはより正しく直す時には「改正」を使います。

「改定」はそもそも英語では「Revise」を使います。

TICA Asia East Region Directorがなぜ、原文にある「Amend」を「改正」と訳さず、あたかも原文に「Revise」と書いてあるかのように「改定」と和訳しているのか理解できません。

Regionのメンバーに物事を正しく伝えない、伝えられないというのも歴代のAsia(East)Directorの悪癖というか悪習でしたが、これも引き継いでしまっているとしか言いようがありません。

【「Article」を本当に理解して和訳している?】

TICA Asia East Region公式サイトには、「ショールール 条項1(定義)の改定」とか「ショールール 条項2(ショー)の改定」とか書いていますが、Asia East Region Directorは「Article」の意味を本当に理解しているのでしょうか。

確かに機械翻訳などで「Article」を変換すると「条項」と出てくる場合がありますが、それは「条」や「項」を合わせて「条項」と言っているだけであって、法令やルールにおける「Article」は「条」なのです。

日本の法令の場合、「条>項>号」という構成になっているのですぐ分かるはずですが、Asia East Region Directorはなぜ、敢えて「条項」と書いているのか全く理解できません。

例えば、日本国憲法の第9条の場合、「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」が第1項(※第1項は冒頭に「1」とは記載されません)、「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」が第2項であり、第2項の冒頭に「前項の」と書いてあることからも、その前に書いてあることが第1項であることが分かるかと思います。

TICAのShow Ruleで言えば、「第1条-定義」「第2条-ショー」「第3条-エントリーの資格」・・・と続きます。

ルールを読み理解する上での「基本中の基本」を、Asia East RegionのDirectorが理解していなかったとするなら、もはや言葉もありません。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

世界保健機関(WHO)の15日時点の集計によると、14日に報告された世界の新たな感染者数は66万905人で、1日当たりの過去最多を更新しました。

東京都で16日、新たに180人の感染が確認されました。少ないように見えますが、月曜日はもともと1週間で最も少ない傾向にあり、月曜日としては過去3番目の多さです。

埼玉県で16日、新たに87人の感染が確認されました。

神奈川県で16日、新たに61人の感染が確認されました。

千葉県で16日、新たに過去2番目に多い77人の感染が確認されました。

大阪府で16日、新たに73人の感染が確認されました。

愛知県で16日、新たに63人の感染が確認されました。

福岡県で16日、新たに8人(うち福岡市6人)の感染が確認されました。

北海道で16日、新たに189人(うち札幌市124人)の感染が確認されました。

« ショー再開の根拠らしき前提はもはや崩れた | トップページ | 【TICAルール改正】(続)ポイント解説を始める前に… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ショー再開の根拠らしき前提はもはや崩れた | トップページ | 【TICAルール改正】(続)ポイント解説を始める前に… »