2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« 第7回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」について(5) | トップページ | 第7回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」について(7) »

2020年9月16日 (水)

第7回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」について(6)

昨日のブログでもご照会しましたが、公益財団法人動物環境・福祉協会EvaによるYouTubeの解説動画はご覧になったでしょうか。

まだご覧頂いていないようでしたら、「#6 ペット業界の反論」だけでもご覧いただければと思います。

■The数値規制 #6 ペット業界の反論
https://m.youtube.com/watch?v=N54rew8tDs4

というのも、ここでペットショップの店員が配っていたという「嘆願書」が取り上げられ、Eva代表の杉本彩さんがコメントしているからです。

また、ネット上でどのような主張が出ているかについても触れていました。

【いつどのように取り上げられるか分からない危うさ】

何が言いたいかというと、TICA Asia East Region Directorが8月1日の「オンラインミーティング」で言い出した「改正動物愛護法」に対する取り組み、そして8月3日のRegion公式サイトの「お知らせ」で掲載した「■動物愛護法・環境省基準案について」の「『「環境省基準案』について、ぜひ皆様からのご意見をお送りください」「FAXをお送りください。現役ブリーダーの多くの声を届けたいです」というメッセージの類いだって、誰がいつどのような形で取り上げるか分からないということなのです。

TICA Asia East Region Directorは当初、TICAのRegionとしてこの問題に取り組み、意見や要望を出すかのような発言をしていましたが、不用意に送ったり、ネット上でさらしたりして、どのような反響が起こるかまで思い描いた上で発言したのでしょうか。

私には、単なる思い付きで、誰かが言い出したことに後先考えずに飛び付いてしまったとしか映りません。

【TICAにとってプラス/マイナスどちらが勝るか】

もちろん立派な「要望書」や「意見書」を提出すれば、TICA Asia East Regionの評価と評判は上がるかもしれませんが、ろくでもない「要望書」や「意見書」を出せば、世間の批判を浴びることは間違いありません。

Asia East Region Directorは「意見」や「要望」等について賛同クラブを募り、賛同クラブ名も入れて提出するかのような発言をしていて、土壇場で踏み留まったものの、そのまま突き進んでいたらどうなっていたことかと、今考えても恐ろしくなります。

Region公式サイトの「お知らせ」では、 Region Directorは「現役ブリーダーの多くの声を届けたいです」と書いていますが、TICA Asia East Regionはブリーダーだけの集まりではなく、ペット業界の人もいれば、ペットショップへの子猫の卸売り業者もいるわけです。

TICA Asia East Regionの〝露出〟が増えていけば、組織の実態を暴かれるリスクも増すわけです。

「改正動物愛護法」を巡るAsia East Region Directorの言動は、自分が見える範囲の表層の、しかも都合のいい部分だけしか見ていないからとしか思えません。

【数に頼る〝愚〟に与してはならない】

このペット業界による「嘆願書」を巡っては、5000通が犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟の議員の元に届けられたという話も出ていました。

確かに、多くの人の「声」は大切でしょう。

その意味では、Asia East Region Directorが書いている「現役ブリーダーの多くの声を届けたいです」という気持ちは分からないではありません。

ですが、Asia East Region Directorはそれよりも大切なことを忘れています。

しっかりした根拠を示した上で、正しい意見/要望を組み立てることです。

私が敢えて「組み立てる」と書いたのは、単なる思い付きでいい加減なことを主張し、不平不満/不都合等を口に突き付けるだけでは意味がないということです。

Asia East Region Directorが本気で取り組む意思があり、今なおTICA Asia East Regionメンバーに「『環境省基準案』について、ぜひ皆様からのご意見をお送りください」と呼びかけるのであれば、しっかり勉強して正しい意見/要望を組み立てる努力を積み重ねていただきたいと思います。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

東京都で15日、新たに191人の感染が確認されました。昨日は月曜日ということもあり、100人を下回りましたが、再び100人台になりました。

神奈川県で15日、新たに52人の感染が確認されました。

大阪府で15日、新たに89人の感染が確認されました。

愛知県で15日、新たに23人の感染が確認されました。

福岡県で15日、新たに11人の感染が確認されました。

« 第7回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」について(5) | トップページ | 第7回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」について(7) »

動物愛護法」カテゴリの記事