2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« 第7回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」について(7) | トップページ | 第7回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」について(9) »

2020年9月18日 (金)

第7回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」について(8)

8月1日の「オンラインミーティング」を振り返ると、「改正動物愛護法」の環境省令である「飼養管理基準」について、「動物の飼養又は保管に従事する従業者の員数に関する事項」を巡って意見が出ました。

「環境省案」は「猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭まで(親と同居している子猫は頭数に含めない)」というものですが、要は「頭数が少なすぎる」という感じだったかと思います。

これに対して公益財団法人動物環境・福祉協会Evaは、「子犬子猫の世話もあることから、多くても1名で10頭まででなければ適正飼育にはなりません」(「2020年8月数値規制の要望」から)としています。Photo_20200917102801
【根拠なき意見交換の無意味さ】

環境省案にしろ、議連案にしろ、Eva案にしろ、それなりの根拠を示した上で「案」を提示しています。

ですが、TICA Asia East Regionの場合、8月1日の「オンラインミーティング」に限ってのこととは言え、根拠についての意見交換は全くありませんでした。

「環境省案の根拠や前提がおかしい」というところから議論はスタートすべきですが、それがなかったのは、最終的にどのような意見や要望を送るにしても、根本において致命的と言えるでしょう。

環境省案とEva案の根本的な違いは、「接客時間」をカウントするどうかにあるようです。

Evaでは、ペットショップを念頭に「基本的に接客して販売する業務です。売買契約時は1件1時間半~2時間の時間を有し、その他は、ほぼ客への売り込みに追われることから、8時間(480分)のうち、半分の4時間は接客業務とし、半分の時間で生体管理であるならば、240分÷24分(1頭当たりの世話時間)=10頭/1名でなければ、現状を変えることはできません」(「2020年8月数値規制の要望」から)としており、根拠としてはそれなりに理解できます。

【「ブリーダー」とひとくちに言っても多様】

「TICAのブリーダー」と言っても極めて多様でしょう。

専業主婦(主夫)がブリードしている場合、夫婦が共働きでブリードしている場合で違いますし、ペットショップ業者も会員であることから、ペットショップ業者でTICAのブリーダーであるケースもあるでしょう。

TICA Asia East Regionとして「従業者の員数に関する事項」に何らかの要望をする場合、Asia East Region Directorはどのような根拠に基づいて要望するつもりでしょうか。

原点に立ち返れば、「基準案」には「悪質な事業者を排除するために、事業者に対して自治体がレッドカードを出しやすい明確な基準とする」「自治体がチェックしやすい統一的な考え方で基準を設定」--というポイントがあることを忘れてはなりません。

【「反論」+「新たな提案」の重要性】

それぞれの団体等の根拠を調べ上げた上で反論を作り、それを上回る合理的根拠に基づきTICA Asia East Regionとしての提案をつくるのは容易ではありません。

単に「多すぎる」とか「少なすぎる」ではなく、どうして「多すぎる」と言えるのか、どうして「少なすぎる」といえるのかを示さねば、〝外野〟が自己都合の身勝手な不平不満をぶつけているだけに過ぎないのです。

もし、TICA Asia East Regionとして何かを要望するのであれば、「反論」+「新たな提案」の重要性を認識して組み立てねばならないというわけです。

【猫の視点・知見等は十分に反映されているか】

ただ、「環境省案」にしても、Eva案にしても総じて「犬」についての「基準案」であって、必ずしも十分に「猫」についての理解を踏まえているとは思えない部分も多々あります。

今もいろいろ調べている最中ですが、どうも「猫」については視点も情報も知見も手薄になっている感が否めません。

それらを突破口に、TICA Asia East Regionとして(意見や要望ではないにしても)様々な指摘や提案をしていくことは可能ではないかと思っています。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、世界の累計感染者が18日、3000万人を超えました。最も多いのは米国の約666万人で、全体の2割強を占め、次いでインドの約512万人、ブラジルの約442万人の順。この3カ国で全体の半数を超えるとのこと。

東京都で17日、新たに171人の感染が確認されました。3日連続で100人を超えてました。

神奈川県で17日、新たに65人の感染が確認されました。

大阪府で17日、新たに57人の感染が確認されました。

愛知県で17日、新たに36人の感染が確認されました。感染者数はこれで累計5001人と5000人を超えました。

福岡県で17日、新たに9人の感染が確認されました。3日ぶりに10人を下回りました。

« 第7回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」について(7) | トップページ | 第7回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」について(9) »

動物愛護法」カテゴリの記事