2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« 【改正動物愛護法】意見する上での基礎知識 | トップページ | 米TICA本部サイトに関するOnlineアンケート »

2020年8月 9日 (日)

【改正動物愛護法】「語る資格があるか」が問われる

TICA Asia East Region Directorが今後、「動物愛護」の問題にどこまで本腰を入れて取り組むのか分かりませんが、TICA Asia East Region(あるいはTICA Region Director)としてかかわるのであれば、TICA Asia East Regionに「動物愛護を語る資格があるか」をよくよく考えた上で発言する必要があることを指摘しておきます。

◆「特定班」などネット民の〝餌食〟にならないように

「オープンソース・ジャーナリズム」を標榜する「デジタルハンター」とまでは言わずとも、ネット上には様々な事柄について詳細に暴き立て、晒すネット民がおり、TICA Asia East Regionが「特定班」の標的にならないとも限りません。

なぜなら、TICA Asiaでは2016年、TICA 傘下クラブ幹部(広島市)が動物愛護法違反の疑いで逮捕される事件が起き、そのクラブは閉会になりました。

2015年4月にはキャットショー会場において二十数匹のベンガルを身動きできないような小さなケージに入れて、それごと控えケージに入れておくという〝動物虐待〟紛いのことが行われ、そのクラブは10万円の罰金と1カ月のショー開催禁止処分を科せられるという事件も起きているわけです。

◆別の団体に迷惑をかけてはならない

現在のTICA Asia East Region Directorは他団体との連携が好きなようですが、「動物愛護」に関する限り、TICA Asiaの〝黒歴史〟を考えるなら、迷惑をかけないように慎重に動くべであるといえます。

もちろん不祥事を起こすのは特定の個人やクラブであって、多くのTICA傘下クラブやメンバーは適正に飼育管理し、「動物愛護」の精神をもってブリーディングしショーに参加していると思いますが、団体・組織全体として考えればこういう問題がいつまでもついて回ることを、TICA Asia East Region Directorは自覚しておかなくてはならないのです。(※このことは国・企業でも同じです)

多くのメンバーがたとえ忘却の彼方に追いやり、忘れ去ってしまったとしても、組織の長は、組織・団体の歴史と無縁ではなく、TICA Asia East Region Dierectorは常にTICA Asiaの歴史も頭に入れて発言する責務があります。

この重大な責務を忘れ、後先考えずに飛び付いてしまうと今回のような問題を引き起こすことになるのです。

◆いかに「貢献」するかを考えることが大切

1日の「オンラインミーティング」の意見交換を聞く限り、そしてTICA Asia East Region Directorの舵取りを見る限り、「自分たちが困る」「自分たちにとって不都合だ」という点ばかりが目立ったように感じます。

それはいわば後ろ向きの対応であって、いかに「改正動物愛護法」を通じて日本の動物愛護活動に貢献していくかという積極的「貢献」の視点がなかったように思えます。

本当に優良なブリーダーの集まりであり、そのことに胸を張るなら、いかに「動物愛護」に「貢献」するか、どれだけ「貢献」できるかを第一に考えて発言し、行動し、意見をするべきではないでしょうか。

「動物愛護を語る資格があるか」を自問自答しつつ、自分たちが「困る」とか「不都合がある」という〝次元〟から抜け出て、積極的に貢献していく組織・団体を目指すべきであり、そのための方向性と方策を示すのがTICA Asia East Region Directorの本来の役割であることを忘れてはなりません。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本国内で8日、新たな感染者が計1570人確認されました。1日当たりの感染者は5日連続で1000人を超え。埼玉、神奈川、山口県で過去最多となりました。

東京都で8日、新たに429人の感染が確認されました。1日当たりの感染者は2日連続で400人を超えました。

埼玉県で8日、新たに84人の感染が確認されました。同県の1日としては過去最多です。

千葉県で6日、新たに76人の感染が確認されました。1日あたりの県内の感染者数は、最も多かった今月1日の73人を上回り過去最多となりました。

神奈川県で8日、新たに128人の感染が確認されました。6日の119人を超え同県で過去最多となりました。

大阪府で8日、新たに180人の感染が確認されました。

愛知県で8日、新たに177人の感染が確認されました。感染確認が100人を超えるのは12日連続、150人を超えるのは2日連続です。

兵庫県で8日、新たに55人の感染が確認されました。

福岡県で8日、新たに150人の感染が確認されました。100人を超えるのは4日連続です。

沖縄県で6日、新たに73人の感染が確認されました。

« 【改正動物愛護法】意見する上での基礎知識 | トップページ | 米TICA本部サイトに関するOnlineアンケート »

動物愛護法」カテゴリの記事