2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

« 【新型コロナ特集㊴】イベント開催/自粛の「判断基準」 | トップページ | 【新型コロナ特集㊶】TICA Asia East Regionの「ガイドライン」は? »

2020年5月17日 (日)

【新型コロナ特集㊵】新型コロナで猫の「遺棄」報道の衝撃

【英国で報じられた猫の「遺棄」問題】

◆「猫が新型コロナを人に感染させる」と思った飼い主やペットショップが猫を捨てるというケースが多発している--。

英国のSouthwark Newsが4月30日に報じた「CATS BEING ABANDONED BECAUSE OF CORONAVIRUS FEARS BERMONDSEY RESCUE」は、「ついに憂慮する事態が実際に起きてしまった…」と衝撃を受けました。

報道によると、レスキュー隊が保護した猫は10匹に及ぶそうです。

レスキュー歴40年以上というBarbaraさんは「People are ignorant of the facts, they just panic and then they do the opposite of what they should do and they put the cats out on the streets.(人々は事実に無知で、単にパニックを起こし、すべきことの正反対のことをして、猫をストリートに放棄しています」と話しています。

猫も新型コロナに感染することは4月24日のブログで、猫同士が感染伝播しやすいという研究については5月15日のブログでご紹介した通りです。

こうした報道を背景に「遺棄」をするようなことは一時的、かつ限定的なものであることを願っていますが、世界各地で起こらないと楽観できないことも確かでしょう。

◆TICA会長、各Directorは強力なメッセージを発信する必要

TICAではSpring Board Meetingが開催されていますが(5月15~17日)、新型コロナによる猫の「遺棄」問題は話し合われたでしょうか。

TICAはキャットショーの開催だけを担う団体ではないわけですから、こうした問題にも積極的に取り組み、具体的な対策を打ち出せないまでも、組織のトップはこうした問題が起こらない(広がらない)ように強力なメッセージを発するべきです。

その点で先のBarbaraさんの指摘は極めて示唆に富むものであり、私はTICA Board Memeberは以下の3点を自らの責務として課してほしいところです。

①研究結果を含め、新型コロナと猫に関する事実や知識をタイムリーに正確に伝える

②猫を守るためにも、飼い主に対してパニックを起こさず、冷静に対処するよう促す

③猫の飼い主としてすべきこと、してはならないことを分かりやすく発信する

英国での出来事を「他山の石」として、日本や韓国で同じようなことが起きないよう、TICA Asia East Region Directorは未然に防止する責務を果たして頂きたいと思います。

※Southwark Newsの原文はこちらからお読み頂けます↓↓↓
https://www.southwarknews.co.uk/news/bermondsey-cat-rescue-coronavirus-fears/

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

西村経済再生担当大臣は16日会見し、39県における「緊急事態宣言」解除を受け初となる週末を迎え、「あちこちで気の緩みがみられると大変心配している」と話しました。

« 【新型コロナ特集㊴】イベント開催/自粛の「判断基準」 | トップページ | 【新型コロナ特集㊶】TICA Asia East Regionの「ガイドライン」は? »

新型肺炎」カテゴリの記事