2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

« 【新型コロナ特集㊱】東京・大阪など「特定警戒」継続/中韓独で感染再拡大 | トップページ | 新型コロナ特集㊳】猫同士で感染伝播、猫は明らかな症状示さず »

2020年5月14日 (木)

【新型コロナ特集㊲】「宣言解除=安全」ではない

【続報①】東京・大阪・北海道・埼玉・神奈川・千葉・京都・兵庫の8道府県は「緊急事態宣言」継続

【続報②】「特定警戒」の福岡・愛知・茨城・岐阜・石川の5県+静岡・栃木・長野など34県の合わせて39県は「緊急事態宣言」を解除(※愛媛県は「条件付き解除」)

====================================

【宣言解除=安全・安心ではない】

「緊急事態宣言」が継続される見通しの7道府県は論外として、「宣言」が解除される39府県では、ショーの再開は可能でしょうか?

TICAもTICA Asia East Region Directorもショー再開の「判断基準」を一切示していませんが、仮に「宣言」解除がショー再開の「判断基準」であったなら、そういうことになるでしょう。

しかし、今回の事態はそう簡単ではなく、「宣言」が解除されたからと言って、すぐにショーを再開できるわけでないことは常識で考えても分かるかと思います。

楽観的に物事を見ることも時として必要かもしれませんが、今回に限って言えば「宣言解除=安全・安心」でないことは全てのTICA Asia East Regionメンバーが共有しておきたいところです。

【英国は「ステイ・アラート」へ】

「外出制限」を慎重に緩和する計画を発表した英国では、ジョンソン首相が10日、今後のスローガンを「ステイ・ホーム」から「ステイ・アラート(引き続き警戒を怠らない)」に変更すると表明しました。

人と人との間に一定の距離を確保する「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」の措置は継続し、引き続き「在宅勤務」を基本としますが、在宅が難しい建設業や製造業者に対しては出勤を奨励します。

13日からはこれまで1日=1度としていた運動のための「外出制限」を解除しました。

日本も同様に、「緊急事態宣言」が解除された府県では「ステイ・アラート(引き続き警戒を怠らない)」の対応が求められることは間違いないでしょう。

ショーを再開するにあたって主催クラブ/ショーコミッティーは、出陳者をはじめとする参加者全員の「安全・安心」を最優先に、「ステイ・アラート」の心構えで準備・運営に当たらねばならないということになります。

【都道府県をまたぐ移動の自粛要請】

猫界においてもう一つ厄介な問題が「都道府県をまたぐ移動の自粛要請」です。

仮に「緊急事態宣言」が解除された静岡や長野、栃木県で開催するにしても、「都道府県をまたぐ移動の自粛要請」が強ければ、県外からJudgeやクラークを招くことは憚られるでしょうし、出陳者を県外から集めることなど以ての外ということになるでしょう。

キャットショーに監視の目を光らせる「自粛ポリス」はいないとは思いますが、万が一「クラスター」となってしまい、後になってそのキャットショーでは県外から広く出陳者を集めていたことが発覚したら、それこそ「常識と倫理に反している」として世間の集中砲火を浴びることは間違いありません。

もちろん、同一県内に住むJudge/クラーク/スチュワート、クラブ員、出陳者で開催するという手もないことはありませんが、果たしてそうした制限をかけることがTICAのルール上、許されているかという別の問題もあります。

こうして考えてくると、ショー再開の「判断基準」に「都道府県をまたぐ移動の自粛要請」解除も含まれてくるだろうことが分かります。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆東京都で14日、感染者が新たに30人報告されて5027人となり、都内の感染者は累計5000人を超えました。

政府の専門家会議は、一部解除後も感染状況などのリスクに応じた対応が必要として、都道府県を3区分する考えを示しました。現在の「特定警戒」に加え、「感染拡大注意」「感染観察」を加えるとしています。

「感染拡大注意」は「特定警戒」の半分程度の新規感染者数などで該当するかを判断する方向で、都道府県境をまたぐ「不要不急の移動」や、いわゆる「3密」を避けることなどを求め、イベントも知事が自粛を求めるとしています。

「感染観察」は新規感染者が一定程度いても「感染拡大注意」の基準には達していない場合で、比較的小規模なイベントの開催は可能との考えを示したとのこと。「感染拡大注意」と「感染観察」は各地の知事が判断するそうです。

◆ロシアで12日、感染者数が23万2000人を超え、アメリカに次いで世界で2番目に多くなりました。1日の新規感染者数は10日連続で1万人を超えています。

« 【新型コロナ特集㊱】東京・大阪など「特定警戒」継続/中韓独で感染再拡大 | トップページ | 新型コロナ特集㊳】猫同士で感染伝播、猫は明らかな症状示さず »

新型肺炎」カテゴリの記事