2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

« TICA Asia East & West Virtual Cat Showについて | トップページ | 【速報】緊急事態宣言、全国規模へ!!! »

2020年4月16日 (木)

【新型コロナ特集⑮】再感染する可能性と収束の行方

【速報】緊急事態宣言、全国規模へ!

安倍首相は、改正特措法に基づく「緊急事態宣言」の対象地域を全都道府県に広げる方向で調整に入りました。

====================================

新型コロナウイルスの感染に関し、最近、立て続けに気になる報道がありましたので取り上げます。それは以下の3つです。

①韓国の保健当局は12日、回復してから再び陽性と診断された人が111人に上ると発表しました。体内のウイルスが再活性化したか、新たに感染した可能性があるそうです。

②中国・復旦大学の調査によると、回復した人のうち3割で血中の抗体量が十分でなかったそうです。

③世界保健機関(WHO)は13日、回復後に再び陽性になる患者が出ていることについて、回復者に免疫がついているかは不明だとの見解を示しました。同じウイルスが再び侵入した際に、病原体を攻撃する抗体が体内で十分に作られていない可能性があるとしています。

新型コロナウイルスに再感染する可能性がある(あるいは高い)なら、イベント自粛や外出自粛などの各種規制解除は遅れることもあり、ショーの再開時期はますます不透明になってきます。

出陳者やJudge、クラーク、クラブ員ら参加者全員の安全・安心を第一に考えるなら、ワクチンや有効な治療薬が開発されるまで再開できない…という事態も念頭に入れておく必要があるでしょう。

国民生活を支える経済活動であるなら、ある程度のリスクも覚悟の上で再開するタイミングを計ることになりますが、趣味の世界の不要不急のイベントであれば、そういうわけにもいかないからです。

下記の【注目ニュース】でも取り上げましたが、「世界的流行を抑えるためには外出規制などの措置を2022年まで(最短でも2020年1月まで)断続的に続ける必要があるとの予測」も出ています。

iPS細胞でノーベル賞を受賞した京都大の山中伸弥教授は、ある新聞社のインタビューで「ワクチンや治療薬は1年ではできないのではないか。最低1年は覚悟しないといけない」と話しています。

TICA Asia East RegionのShowスケジュールを見る限り、ショー年度後半(10月~)からショーを再開できるとの見通しを持つクラブが多いような感じがしますが、再感染する可能性がある(あるいは高い)という報道が事実なら難しいかもしれません。

厚生労働省が13日公表した「死亡者の年代別人数(クルーズ船を除く)」によると、70歳以上が全体の82%を占め、60歳以上だと全体の91%に上ります。

TICA Asia East RegionのJudgeや出陳者には60歳以上のメンバーも多いことを考えると、ショーの再開時期は慎重に探る必要がありそうです。

いずれにしても、ショー再開に関しての「判断基準」や「指針」のようなものが欠かせず、リスクを顧みないクラブやショーコミッティーによってなし崩し的に再開することがあってはならないでしょう。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆米ハーバード大の研究チームは、新型コロナウイルスの世界的流行を抑えるためには外出規制などの措置を2022年まで(最短でも2020年1月まで)断続的に続ける必要があるとの予測を発表しました。措置が必要な期間は、抗ウイルス薬やワクチンの開発、救急医療態勢の拡充などで短縮できるとしています。

愛知県知事と名古屋市長が合同会見し、明日から5月6日までの20日間、県内全域の約50の業種に「休業要請」すると表明しました。

◆政府は特措法に基づく「緊急事態宣言」の対象に北海道や愛知県、京都府などを追加する方向で検討に入ったとのことです。

◆ドイツは15日、新型コロナ対策の制限解除に向けた第1段階措置を発表しましたが、大規模イベントの禁止措置は8月31日まで継続するほか、公共の場での3人以上の集会を禁じる方針は継続します。

◆米国での新型コロナによる死者は14日に2129人となり、1日の死者数としては過去最多となりました。これまで最も死者数が多かったのは10日の2074人でした。

◆AFPが15日にまとめた集計によると、新型コロナウイルスによる世界の死者は13万1319人と13万人を超え、うち欧州の死者は8万8716人と3分の2余りを占めています。国別は米国が2万6950人と最多で、次いでイタリアの2万1645人、スペインの1万8579人、フランスの1万7167人。

◆米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、感染者が15日、200万人を超えました。ロイター通信も独自集計として感染者が200万人を超えたと報じています。

« TICA Asia East & West Virtual Cat Showについて | トップページ | 【速報】緊急事態宣言、全国規模へ!!! »

新型肺炎」カテゴリの記事