2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

« 【重要】厚労相メッセージ:「新型肺炎」とショー中止/開催の判断基準を考える③ | トップページ | 「新型肺炎」とショー中止/開催の判断基準を考える⑤ »

2020年2月22日 (土)

「新型肺炎」とショー中止/開催の判断基準を考える④

3~4月にショーの開催を予定しているクラブ/ショーコミッティーが押さえておかねばならない(認識しておくべき)ポイントは以下の7点であろうと私は考えています。

【1】「新型肺炎」に関して確立された治療法はない。(※有力な既存治療薬候補はいくつかあります)

【2】ショー会場にてマスク着用、アルコール消毒、体温検査等の措置を取ったとしても、完璧な防疫措置とは言えない。(※無症状な人であっても「陽性」である可能性がある)

【3】上記を踏まえれば、招待Judge/クラークの漠然とした不安や心配による辞退の申し出であっても沿う必要がある。(※仮にJudgeが辞退しなくても何らかの不安や心配を抱えての審査となると猫にも何らかの不安が伝わるおそれもあるでしょう)

【4】出陳者の参加に関して「自己責任論」の意見はあるものの、致死率が平均で2%とは言っても、60代で3.6%、70代で8%、80歳以上で14.8%に跳ね上がることを考慮に入れなければならない。(※この他、もともと「持病」のあるなしでも変わる)

【5】その時々の状況にも大きく左右されるが、TICAのモットーである「TICA is about Fabulous felines, fun and friendship」を実現できる状況にあると言えるか。

【6】TICAのミッションである「To provide sanctioned cat shows which promote both pedigreed and non-pedigreed cats in a professional manner, and which are both enjoyable and educational for exhibitors, judges and the general public」に則ったショーを開催できるか。

【7】万が一、ショーの後に感染者が出て、感染経路を辿った際にTICAのキャットショーが感染拡大の場とされた場合、TICAの社会的評判を含めて誰がどのように責任を取れるか。

一方、中止するか、中止しないかという「判断」の決定だけでなく、クラブとしての判断基準(あるいは判断するにあたっての考え方)をHPなどを通じて早め早めに公表しておくことも重要です。

アクトの4月26日に予定しているショーに関して言えば、「新型肺炎」が収束する見通しになり、日本国内において楽観論が広がったとしても、海外のJudgeがリスクを感じて来日を断念するなら、「中止」という事態もあり得るということを予め理解して頂ければと思います。

また、仮にJudgeが全員揃ったとしても、設営スタッフやクラークが揃わないという事態も想定しておかねばなりません。

どうにかショーの開催にこぎ着けた場合でも、TICAのルールが想定していない緊急的な例外措置を取らざるを得ない場合があるかもしれません。

そうした時にディレクターが率先してTICA本部やTICA会長らと話し合うのか、それとも各クラブがそれぞれの事情においてそれぞれが行わねばならないのか--。

いわゆる緊急時の手続きや段取り等を予め想定しておかねばならないですし、将来的には今回の件を糧としていかにルール化するかということを考えなければならないということになるでしょう。

=====================================

全国の自治体では、イベント中止・延期あるいは実施の「判断基準」を公表する例が出始めています。

◆船橋市は19日、市主催・共催のイベントを中止/延期とする際の判断基準となる基本的な考え方を決定したと発表しました。

  具体例として高齢者や糖尿病・心不全といった持病がある人などの参加が多いこと、参加者同士での濃厚接触の可能性が高いと考えられること、また医療に従事する人や消防職員など市民の救命救急にかかわる人が参加することなどを挙げていて、いずれかに該当するイベントは原則として中止・延期するということです。

◆豊田市は19日の市長会見で、市の行う年度内のイベント・行事について、中止/実施の判断基準を示しました。

参加者が特定でき、小規模で消毒や咳エチケット、換気など感染症対策を講じることが可能なイベント・行事については、現段階では実施していく考えです。

※キャットショーの場合も、①参加者が特定でき、②小規模で消毒や咳エチケット、換気など感染症対策を講じることが可能--なイベントと認識することは可能かもしれません。(※判断は各クラブ/ショコミッティーに委ねられますが、本来であればAsia East Regionとして「判断基準」を示すべきであると私は思っています)

中止とするものは、不特定多数の来場による感染リスクが高いものや、出席者への感染により市民の皆様の安全確保や企業等の経営上で相当大きな影響が予測できるものは、原則中止の方向で調整中です。

=====================================

ここ最近のイベント中止・延期の報道を見てみると、総じて今後1カ月あるいは3月中・下旬までの対応を決めたところが多いようです。

◆【3月15日までのイベント中止/延期】東京都の小池百合子知事は21日、定例記者会見を開き、3月15日までの3週間を「感染拡大防止の重要期間」と位置付け、都主催のイベントのうち、①屋内で行われるもの、②大規模なもの、③食事を伴うもの――に関し、原則として延期か中止とする方針を発表したとのことです。

◆【3月のイベントは中止/4月以降は状況を見極め】リクルートキャリアは20日、2021年卒の大学生らを対象に3月1~31日に予定していた合同企業説明会をすべて中止すると発表しました。2月については、22日に東京と大阪、24日に宮崎、26日に鹿児島で開催を予定していた就活準備イベントを取りやめ、中止するイベントは、44都道府県の計91件にのぼるとのこと。4月以降のイベントは、状況を見極めながら再開を検討するとしています。

◆【3月末まで中止または延期】ミクシィは3月末まで、多数の参加者が集う当社主催のイベントの開催を中止、延期、またはオンライン開催することといたします。各イベント参加者・関係者の皆さまには別途当社担当よりご連絡させていただきます。2月29日(土)に開催予定のしております「モンスト プロツアー 2019-2020 ツアーファイナル」は、無観客開催への変更を決定いたしました。

◆【当面1か月間(3月20日まで)】府主催の府民が参加するイベントや集会を原則、開催中止または延期することと決定し、19日午後3時時点の中止・延期イベント数は下記の通り。
 中止するイベント等(207件)/延期するイベント等(30件)/中止または延期するイベント等(5件)

« 【重要】厚労相メッセージ:「新型肺炎」とショー中止/開催の判断基準を考える③ | トップページ | 「新型肺炎」とショー中止/開催の判断基準を考える⑤ »

新型肺炎」カテゴリの記事

無料ブログはココログ