2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

« 「新型肺炎」とショー中止/開催の判断基準を考える⑥ | トップページ | 【速報】「新型肺炎」とショー中止/開催の判断基準を考える⑧ »

2020年2月25日 (火)

「新型肺炎」とショー中止/開催の判断基準を考える⑦

【重要なお知らせ】
★リジョンサイトでも掲載されていますが、3月1日に予定されていた韓国KOCCのショーが開催中止(正確には「延期」であり、来シーズンに改めて開催する方向で検討しているようです)になりました。

【重要な情報】
★加藤厚労相は25日、発熱、咳など風邪症状の際の自宅療養の「注意点」を公表することを明らかにしました。また、「新型肺炎」の検査については衆院予算委員会の分科会で、公的医療保険の適用対象にする考えも示しました。
※出陳者/見学者/Judge/クラークなどにおいても、この「注意点」を踏まえて参加/不参加を考える必要があるでしょう。

★政府の専門家会議は24日、「新型コロナウイルス感染症に関する見解」をまとめ、その中で「これから1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となる」との認識を示しました。

↓↓↓なお、「見解」の全文とポイント解説は下記サイトで読めます↓↓↓
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/view/

この「見解」において、キャットショー関係者として私が重要と思うのは次の2点です。

【1】「このウイルスの特徴として、現在、感染を拡大させるリスクが高いのは、対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境だと考えられます。我々が最も懸念していることは、こうした環境での感染を通じ、一人の人から多数の人に感染するような事態が、様々な場所で、続けて起きることです」

※ショー会場はまさに「対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境」と言えます。

【2】「教育機関、企業など事業者の皆様も、感染の急速な拡大を防ぐために大切な役割を担っています。それぞれの活動の特徴を踏まえ集会や行事の開催方法の変更、移動方法の分散、リモートワーク、オンライン会議などのできうる限りの工夫を講じるなど、協力してください

※政府の専門家会議が「できうる限りの工夫を講じるなど、協力してください」としていることをTICA Asia East Regionとしても重く受け止める必要があるでしょう。

また、Asia East Region Directorにおいてはこうした状況を逐次、TICA会長・副会長、Board Member、Judging Administrator, TICA Legal counselに伝えて有効なメッセージを引き出し、Regionサイトを通じてメンバーに迅速に伝えることが欠かせません。

★世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は24日記者会見を開き、世界的に感染者が広がっていることについて「深く懸念している」とする一方、「パンデミック(世界的大流行)という言葉を使用することは事実にそぐわない」と述べたといういことです。同時に、警戒を強めつつ、各国がパンデミックに向けた「備えに集中するときだ」と強調したと伝えられています。

★24日のNYダウ平均の終値は前週末比1031ドル61セント安の2万7960ドル80セントとなり、25日の日経平均も一時1000円超の下落となり、午前の終値は前週末比700円安の2万2686円となりました。

« 「新型肺炎」とショー中止/開催の判断基準を考える⑥ | トップページ | 【速報】「新型肺炎」とショー中止/開催の判断基準を考える⑧ »

新型肺炎」カテゴリの記事