2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク

« 【TICAルール改正③】電子版カタログの発行について | トップページ | 【TICAルール改正⑤】Award Partyでの参加方法の多様化について »

2020年1月 4日 (土)

【TICAルール改正④】ジャッジブックの綴り方の種類について

1月15~16日に開催予定の2020 Winter Board Meetingにおいて、ジャッジブックの綴り方の種類について改正案が出されます。

現在、ジャッジブックは3枚綴り(白+ピンク+黄)、あるいは2枚綴り(原本+コピー)の2通りの方法で作ることが可能になっていますが、ジャッジにとっての使い勝手まで考慮に入れたルールにはなっていません。

そこで、Standing Rule 2017.1の最後に下記の文章を追加するとしています。

2017.1 Judges Books. Judges must forward the COVER and the ORIGINAL (white copy) of all pages of the judge’s book to the Executive Office of TICA within 48h ours after the close of the show. Alternatively, judges may forward a scanned document containing the cover and all white pages to the Executive Office within 72 hours after the close of the show. The scanned book must be legible and all pages must be included, otherwise the judge’s book will not be considered complete and timely, and the penalties for a late judge’s book assessed. If a scanned book is used in lieu of the original, the judge must retain the original judge’s book until two months after the close of the show season to which that judge’s book relates, and must provide the original judge’s book to the Executive Office within 48 hours if requested to do so. A copy of all pages of the judge’s book is to be turned in to the master clerk at the proper time during the show. The judge retains a copy of all pages of the judge’s book for his/her personal records. At the completion of the show, the Master Clerk will submit the marked catalog and a copy of the judges’ books to the Club/Show Committee. Clubs must notify all judges if they plan to use 2 part judges books and accommodate any judge who desires a 3 part book.

(追加部分訳)クラブは2枚綴りのジャッジブックを使う場合、全てのジャッジにその旨を通知しなければならず、3枚綴りを求めるジャッジに対しても対応しなければならない。

この改正案が修正動議なくこのまま通れば、クラブ側は2枚綴りと3枚綴りの2種類のジャッジブックを作らねばならず面倒になります。

Board Memberにジャッジが多ければ可決する可能性が高いと思われますが、Boardにおいてクラブ側の事情が増し、何のために2枚綴りを可能にしたのか意味がなくなる懸念も拭えません。

« 【TICAルール改正③】電子版カタログの発行について | トップページ | 【TICAルール改正⑤】Award Partyでの参加方法の多様化について »

無料ブログはココログ