2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク

« 出陳者/メンバーの民意にもっと敏感なリジョン運営を⑭ | トップページ | TICAルールOnlineセミナー:「クラスTransfer」をあらゆる角度から考える② »

2020年1月25日 (土)

TICAルールOnlineセミナー:「クラスTransfer」をあらゆる角度から考える①

TICAのルールに関し、「あらゆる角度から考える」をテーマにOnlineセミナーを始めたいと思います。

お題は「クラスTransfer」--。

--------------------------------ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【サンプル事例】※あくまでフィクションです。

ショーを終えた当日夜、ある出陳者から「クラスTransfer」の申し出がありました。

誕生日を勘違いしてしまって、「キツン」ではなく、正しくは「チャンピオンシップ」だったというのです。

この時のキツンのカウントは25、チャンピオンシップは20だったとします--。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうした場合、まずルール上、どうなるかを考えます。

「お題」に掲げたように、これは「クラス」の「Transfer」です。

従って「Transfer」の規定に則って対応することになります。

Show Rule上、「Transfer」は「ARTICLE SIXTEEN - Judging Procedures」の216.6として次のように出てきます。

Transfers:
216.6 At the option of the owner, a judge may transfer any kitten or cat incorrectly entered as to sex, color or breed, providing the transfer was not made by the show management prior to starting the judging. If the correct class has already been judged, the judge shall mark his judge's book "wrong class-not judged."

ただし、これはあくまで「Judging Procedures(ジャッジ手続き)」としての規定であって、しかも「At the option of the owner(オーナーの選択で)」という条件付きの規定となります。

すでにそのクラスの審査を終えてしまっていた場合、ジャッジはジャッジブックに「Transfer」した上で、正しいクラスの審査が既に終えてしまっていた場合は「wrong class-not judged」と記載するとなっています。

【サンプル事例】のケースで言えば、全てのリングでそのクラスの審査を終えてしまっていたと考えられるので、Show Ruleに忠実に則れば、全てのジャッジはジャッジブックに「Transfer」した上で、正しいクラスのところに「wrong class-not judged」と記載することになります。

Show Rule上の規定はここまでです。

« 出陳者/メンバーの民意にもっと敏感なリジョン運営を⑭ | トップページ | TICAルールOnlineセミナー:「クラスTransfer」をあらゆる角度から考える② »

TICAルール:クラスTransfer」カテゴリの記事

無料ブログはココログ