2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

【TICA基礎データ】Region別「RW」ポイント分布(Alterクラス編)

AlterクラスにおけるRegion別「RW」ポイント分布

2018-19年度      1位   25位
Eastern Asia     10673  3831
Western Asia      10029   1210
Northern Europe 10847   4722
Southern Europe 10079  2522
Western Europe  10647  1734
Great Lakes        11443  2102
International        3197    390
Mid Atlantic        10790  1673
Mid Pacific          10855  1051
Northeast             9240   1816
Northwest          11133   3004
South America      4583    987
South Central     10577   3467
South East         10965   4274
South West        11283   1406

2018-19年度     1位   25位
Eastern Asia    10683  2542
Western Asia            -  -
Northern Europe 10422  2817
Southern Europe 10501  2045
Western Europe  11121  2961
Great Lakes        11351  2141
International        8604  1621
Mid Atlantic        10837    975
Mid Pacific           9999    647
Northeast          10701   1556
Northwest         11393   2612
South America     7351  1110
South Central    10685  2737
South East        10827  1563
South West       11138    552

アルタークラスの25位についてもリジョンによって大きな差のあることが分かります。

Asia East Regionでは「RW」を獲得するのに2018-19年度で3831点必要でしたが、INリジョンではほぼ10分の1の390点で「RW」になれるわけです。

「RW」の価値の不均衡を是正する必要性はアルタークラスにおいてもあると言えるかと思います。

2019年12月30日 (月)

【TICA基礎データ】Region別「RW」ポイント分布(Catsクラス編)

CatsクラスにおけるRegion別「RW」ポイント分布

2018-19年度    1位     25位 LH25位 SH25位
Eastern Asia    11612   6706  5412    2367
Western Asia      11961   5330   3209     1888
Northern Europe 13109   5372   2678     3177
Southern Europe 12346  2989    1829     1890
Western Europe  12121  2504    1179     1024
Great Lakes        11531   2567     871     1599
International        4018   1065      493      524
Mid Atlantic        12838   2862      567    1089
Mid Pacific          13109   1449      304      365
Northeast           11818   3234    1211    2002
Northwest          12507    4017    1820    1970
South America     4635    1641     1094     886
South Central     11718    4613     2224   2255
South East         11445    5012     1864   2606
South West        11788    1444         31     784

2017-18年度     1位    25位 LH25位 SH25位
Eastern Asia    11898  7317   5133    2700
Western Asia           -   -   -    -
Northern Europe 12842   5007    2373      2131
Southern Europe 13572   3826    2146      1720
Western Europe  12562    3981    1922     1328
Great Lakes        12423    2723    1180     1282
International       11799    8283    3519     2346
Mid Atlantic        11312     2481         6     1645
Mid Pacific          11966     1369     226       565
Northeast           12273     2459    1268    1191
Northwest          12071     3720    1827    2308
South America    10168     2877    1136    1347
South Central      12031    4109    1260    2312
South East          13027    5225     2169   1304
South West         112921   2001      631     957

Asia East Regionに関して言えば、LH25位とSH25位ではポイントで2倍前後の開きがあります。(2018-19年度は約2.3倍、2017-18年度は約1.9倍)

LHの方が厳しく、SHの方は容易であり、LH25位の「RW」の方がSH25位の「RW」より価値が高いと言えます。

Region別で見ると、2017-18年度のMid Atlantic RegionのLH25位は6点で「RW」を獲得していますし、2018-19年度のSouth West RegionのLH25位は31点で「RW」となっていますから、疑問の声が出ても不思議ではありません。

1ケタ台、2ケタ台は論外としても、3ケタ台でも「RW」を獲れているRegionがあるわけですから、「RW」の価値の不均衡は著しいと言えるのではないかと思います。

「RW」の要件として下限ポイントを設けることはTICAにおける「RW」の価値の不均衡是正の観点から必要であること間違いありません。

ただ、下限ポイントを何点にするか(1000点にするか2000点にするか、それ以上にするか)は熟議が欠かせず、拙速は避けてもらいたいところです。

2019年12月29日 (日)

【TICA基礎データ】Region別「RW」ポイント分布(Kittenクラス編)

【2018-19年度】  1位  25位
Eastern Asia   6452  4058
Western Asia     7103    4330
Northern Europe  7120    4821
Southern Europe  7006    2723
Western Europe   7372    2178
Great Lakes        7080    3128
International       1974      271
Mid Atlantic         7495    3218
Mid Pacific           6736    1871
Northeast            6855    3288
Northwest           7883    2773
South America    7153      877
South Central      6981    3230
South East          7447    4599
South West         7214    1622

【2017-18年度】  1位     25位
Eastern Asia     6429    4974
Western Asia        -      -
Northern Europe  6952    2716
Southern Europe  7141    2976
Western Europe   6884    2762
Great Lakes         7205    2757
International       7460    5692
Mid Atlantic         7853    3680
Mid Pacific           7453    1284
Northeast            6915    3159
Northwest           7155    4330
South America     6255    1405
South Central      6790    3527
South East          7643    3389
South West         7092    2661

Kittenクラスにおいて「RW」を獲得できるポイントがリジョンによって大きく異なることが分かります。

Asia East Regionは、2017-18年度と2018-19年度を比べると、25位のポイントが約900点下がりました。

なお、2018ー19年度のINリジョンやSAリジョンのように1000点以下(あるいは2000点以下)でも「RW」を獲得できることを疑問視する意見もあり、「RW」獲得要件としてポイントの下限を設けるかどうかボードで話し合われる見通しです。

2019年12月28日 (土)

【TICA基礎データ】Region別メンバー数(2019年9月時点)

2019年9月時点のRegion別メンバー数がTICA本部により公表されていますので、ご紹介します。

リジョン別に多い順に並べてあります。

日本と韓国で構成するAsia East Regionは473人で、全15Regionの中で、ほぼ真ん中ぐらいに位置していることが分かります。

  1. Northeast      699

  2. Western Europe   638

  3. South Central    617

  4. Great Lakes     614

  5. Southeast           575

  6. Northwest           566

  7. Northern Europe  525

  8. Asia East           473

  9. Southern Europe  389

10. Mid Atlantic          369

11. Asia West             351

12. Southwest            349

13 Mid Pacific             278

14. South America     129

15. International        253 (non voting)

2019年12月27日 (金)

【TICA情報】2021Annual開催地、ドイツに変更

既にご存知のメンバーも多いと思いますが、これも11月に開催された臨時ボードで決まりました。

これまで2021年のAnnual Board Meeting & Showの開催地はデンマークとなっていましたが、これがドイツに変更になりました

理由については以下のように述べられています。

RATIONALE: At the 2018 Annual Meeting two excellent proposals were presented to host the 2021 Annual in Europe North, one from Viking Cats, Denmark and the other from TICACats, Germany. The Board chose Viking Cats. Unfortunately, Viking Cats has had to withdraw their offer to host this event.

理由:2018年のアニュアルミーティングで、Europe North(EN)リジョンでの2021年のアニュアルに関し、デンマークのViking CatsとドイツのTICACatsから素晴らしい提案が示されました。ボードはViking Catsを選んだわけですが、残念なことにViking Catsは申し出を取り下げなければなりませんでした。

2019年12月26日 (木)

【TICAルール改正】Pendingでのキャットショーのエントリーについて

各クラブ代表やエントリークラークのみなさんは注意してください。

Pendingでのキャットショーのエントリーについて、ルール改正されましたが、当初の改正案がさらに修正されています

11月に開催された臨時ボードで以下のように変更されています。

203.1.1 In order for a cat to be shown without a registration number, that cat must be eligible for registration and competition in TICA in the class in which the cat is to be shown. No entry shall be accepted without a TICA registration number unless documentation is provided with the entry that shows the entry is eligible for registration in TICA. Such documentation includes, but is not limited to the following:

a. TICA litter registration
b. TICA Breeder slip
c. Registration certificate from any association TICA recognizes
d. Certified pedigree from any association TICA recognizes
e. Registration certificate of both of the parents or the entry by either C or D above.

Documentation must be submitted with the entry form. Copies of that documentation shall be submitted to the Executive Office along with the Master Catalog. Any documentation found to be invalid will result in entries not being counted.

(追加)
203.1.1.1 If the Executive Office finds that the documentation submitted is insufficient or invalid, the entry clerk and exhibitor will be notified, by email, if available. Failure to provide acceptable documentation to the Executive Office within 72 hours will result in the entry not being counted.

提出された書類が不十分または無効であるとTICA本部(エグゼクティブオフィス)が判断した場合、エントリークラークと出陳者にはメールで(利用可能なら)通知されます。72時間(3日)以内にTICA本部が受け入れ可能な文書が提出されなければ、そのエントリーはカウントされないことになります。

2019年12月25日 (水)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて㉘

4月29日のショーというのが、まあショーとしては成立しましたけど、多少不適切なところがあった」--。

TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジが、東京地裁の「尋問」で証言したアクトショーに対する認識の大幅な軌道修正を踏まえると、2013年7月22日に元アジディレクターが配布した「意識調査」の結果なるものにも重大な疑義が浮上してきます。

その文書にはこう書いてありました。

議題 (提案クラブは○○○ Cat Club及び△△△ Cat Fanciers)
我々日本のTICAメンバーは、4/29ACTショーが常識・倫理に反して行われ、これにより日本が不名誉を被ったと判断します。よって主催クラブ(アクトキャットクラブ・□□□キャットクラブ)の今季(2013/5~2014/4)の活動停止を提案します。

■疑問⑥■TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジが認識を変えたところの「多少不適切なところがあった」として(※アクトとしては多少であったも不適切なところはないと考えていますが…)、それがどうして「常識・倫理に反して行われ」たとなるのでしょうか?

■疑問⑦■繰り返しになりますが、「多少不適切なところがあった」として(同上)、どうして「今季(2013/5~2014/4)の活動停止を提案」されなければならないのでしょうか?

全く理解できません。

この「意識調査」において、あるABジャッジは「今後のアジア地区の発展のために主催クラブの今期の活動の停止に賛成いたします」と書きましたが、仮に「多少不適切なところがあった」だけで、どうして「今後のアジア地区の発展のために」「活動の停止」をしなければならないというのでしょうか?

TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは「炎上するほどの騒ぎは長い歴史の中でも初めてのことです。日本人全員でずるをしたように思われています」と書きましたが、「多少不適切なところがあった」程度のことで、どうして「炎上するほどの騒ぎ」になり、どうして「日本人全員でずるをしたように思われて」るような事態になったというのでしょうか?

前アジアディレクターが認識を大幅に変えたところの「多少不適切なところがあった」としても(※アクトとしては不適切なところはないと考えています)、そのことでこれだけのことを言われるのは、アクトに対する「差別」があり、アクトや私が「差別」的扱いを受けたことの証拠と言えるのではないでしょうか…。

新ディレクターにも、この問題に関する認識を明らかにして頂き、あらゆる「差別」なきRegion運営を志向するのか、従来路線を引き継いで特定のクラブ、特定のメンバーに対する「差別」的扱いを続けるのか、はっきりさせてもらいたいところです。

2019年12月24日 (火)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて㉗

4月29日のショーというのが、まあショーとしては成立しましたけど、多少不適切なところがあった」--。

TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは、東京地裁703号法廷で開かれた11月6日の「尋問」で、2013年4月29日のアクトショーについて、こう証言しました。

あのショーから6年半以上の時が経ち、ここに来てようやくTICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは2013年4月29日のアクトショーに対する認識を変え、大幅に軌道修正しました。

私にして見れば、「多少不適切なところがあった」という認識ではまだまだ正確な認識に至っているとは言えないと思っていますが、この大幅に軌道修正した認識に基づき、もう一度、その後の経緯を振り返ると次のようになります。

2013年7月7日のショー会場(大田区産業プラザPiO)で配布された「怪文書」--。

■疑問①■「TICAトレンドで会長がコメントを寄せた」「一連のスポーツマンシップ欠如での失望」と書いてありましたが、当時のTICA会長は「多少不適切なところがあった」程度のことを(それが前アジアディレクターが主張どおりであったとして…)、「一連のスポーツマンシップ欠如での失望」と書いたことになりますが、本当にそうだったのでしょうか?

■疑問②■「『日本のずる』と評して日本全体の不正を連想される書き込みがあるなど目に余る状況です」とい書いてありましたが、「多少不適切なところがあった」(同上)ことがどうして「『日本のずる』と評して日本全体の不正を連想される」と言えるのでしょうか?

■疑問③■「4/29日アクトキャットクラブショーが常識・倫理に反して行われ、これにより日本が不名誉を被った」と書いてありましたが、「多少不適切なところがあった」(同上)ことがどうして「常識・倫理に反して行われ」たとまで言われるようになり、「これにより日本が不名誉を被った」となるのでしょうか?

■疑問④■「今季の活動停止を進言します」と書いてありましたが、「多少不適切なところがあった」程度のことで(同上)、どうして「今季の活動停止を進言」されなければならないのでしょうか?

■疑問⑤■「当該クラブがこれに応じない場合は、クラブ間で確認事項として決議し、その結果をアジアディレクターを通じてTICA本部へ報告します」と書いてありましたが、「多少不適切なところがあった」程度のことで(同上)、どうして「クラブ間で確認事項として決議し、その結果をアジアディレクターを通じてTICA本部へ報告し」なければならないのでしょうか?

仮に、前アジアディレクターの主張通り「多少不適切なところがあった」としても、そのことでこれだけのことをされたり言われたりしたのは、アクトを「差別」し、「差別」的扱いをしたことの証拠と言えるのではないでしょうか…。

そもそも、前アジアディレクターが認識を変えるまで6年半以上かかり、なお「多少不適切なところがあった」と言いながら、何が「不適切」で、何が「多少」なのか、具体的に明らかにしていないのは納得できません。

「ルール違反も不適切なこともなかった」との正しい事実認識に至るまで、あと何年かかるというのでしょうか……。

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けてスタートを切るまでにはまだ長い時間がかかりそうです。

2019年12月23日 (月)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて㉖

2013年5月28日の緊急Board(電子会議)に提出された「動議」は明らかに杜撰でいい加減なものでした。(※もしかしたら、Boardに詳細な文書が提出されていたかもしれませんが…)

「動議」の内容を再掲すると、以下のようになります。

以下のTICA By-Lawsに違反したため、(2013年4月29日のアクトショーの)ショーマネージャー、ショーセクレタリー、ショー財務責任者が所有及び/又はエントリーした全ての猫のインターナショナルとリジョナルのアワードポイントのスコアリングを認めない。

 ○12.1.5 素晴らしい猫とそのオーナー、ブリーダーの成果を表彰する
 ○12.1.7 自国および世界中のブリーダー同士の教育的と友好的関係の促進

しかし、私たちのどのような言動、行為を以て、By-Lawsの12.1.5と12.1.7に違反したと言えるのについて、一切の証拠は提出されていません。(※少なくとも公式に明らかにされていません)

そして、仮に私たちがこの2つに違反したとして、どうしてその罰として猫のポイント剥奪というペナルティになるのかについても合理的な説明がされていません。

ここには正当な理由も合理的な根拠も示されないままに、特定のメンバーを罰しようという「差別」が横たわっていることが分かります。

当時のBoardが、そうした「差別」的扱いをしてはしてはならないということで、良識と常識を持ち合わせたBoard Memberにより否決になったのかもしれませんし、全く違う理屈が働いて否決になったのかもしれません。

この緊急動議のことは決して忘れてはなりませんし、TICA Asia East Regionがあらゆる「差別」なきRegion運営に向けて取り組むさいの「他山の石」にすべきだと思っています。

正当な理由も合理的な根拠も示さず、一方的な主張を以て特定のメンバーを罰しようというのは露骨な「差別」だということです。

2019年12月22日 (日)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて㉕

2013年4月29日のアクトショーから1カ月後の5月28日--。

緊急のBoard(電子会議)が開催され、あるDirectorから以下の緊急動議が出されました。

以下のTICA By-Lawsに違反したため、ショーマネージャー、ショーセクレタリー、ショー財務責任者が所有及び/又はエントリーした全ての猫のインターナショナルとリジョナルのアワードポイントのスコアリングを認めない。

 ○12.1.5 素晴らしい猫とそのオーナー、ブリーダーの成果を表彰する
 ○12.1.7 自国および世界中のブリーダー同士の教育的と友好的関係の促進

投票結果は既にお伝えしているとおり、「否決」されました。

TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは、なぜこの緊急動議について一切触れようとしないのか、全く証言しようとしないのか、実に不思議です。

「4月29日のショーに問題がなかったというわけではなくて、あくまでも一般のキャットショーに出した人たちのポイントを剥奪するのがかわいそうだからという理由で、プロテストは認められなかったということになる」ということが、本当にそうであったなら、この緊急動議は可決されるはずですし、可決されねばならなかったはずです。

クラブオーナーでもあるこのTICAジャッジが緊急動議のことを知らないはずはありませんし(※なぜならこれまでの裁判で証拠としても出ているからです)、知っているにもかかわらず、自分の主張に都合が悪いから無視を決め込んでいるのなら許せません。

何も知らずにエントリーした一般の出陳者のポイントを剥奪するのはかわいそうだから、アクトショーに対する最初の「プロテスト」が「Take No Action」になったのであれば、緊急動議のこの「プロテスト」までどうして「Take No Action」になったのか、法廷ではっきり証言してもらいたいと思います。

2019年12月21日 (土)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて㉔

何も知らずにエントリーした一般の出陳者のポイントを剥奪するのはかわいそう--。

一般論としては確かにそうだと私も思います。

しかし、だからといってルール違反があったのにそれを指摘も咎めもせず、TICAのBoardがルール違反に目をつぶることなどあり得ませんし、あってはならないことでしょう。

ところが、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジの主張は、まさにルール違反はあったが、何も知らずにエントリーした一般の出陳者のポイントを剥奪するのはかわいそうだから「Take No Action」したという理屈です。

そうであるなら、どんなルール違反があったのか根拠を示すべきですが、クラブオーナーでもあるこのTICAジャッジはあのショーから6年半以上も経つ今も明らかにせず、説明責任を果たそうとしません。

不当な「差別」は常に「差別」する正当かつ合理的な根拠に欠け、「差別」される側が「差別」する側にいくら根拠を聞いても、説明を求めても明確な返答が帰ってこないところに特徴のひとつがあり、このケースはまさにぴったり当て嵌まります。

2013年4月29日のアクトショーに対する「プロテスト」が「Take No Action」になったのは、このプロテストを申し立てた側の主張が悉く的外れであったからに他なりません。

そのことは、「プロテスト」の申立書と、その「プロテスト」に対する反論書を読めば明らかです。

私には、クラブオーナーでもあるこのTICAジャッジが「プロテスト」の申立書も、その「プロテスト」に対する反論書も全く読まずに虚言・妄言を口にしているとしか思えません。

「差別」が広がる背景にはこうした虚言・妄言が付いて回ることからも、あらゆる「差別」なきRegion運営に向けては虚言・妄言を一切許さない毅然として組織風土の醸成が欠かせないといえます。

2019年12月20日 (金)

来年2月14日に「判決」! リジョンショー「出陳拒否」裁判

2014年10月のアジアリジョンショーでの「出陳拒否」を巡る裁判は本日、弁論終結となり、「判決」は来年2月14日(金)に言い渡されることが決まりました。

原告はアクトクラブ員(私は原告ではありません)、被告は前アジアディレクターでTICAジャッジのクラブオーナーと当時のクラブ代表者、エントリークラークの3人です。(※エントリークラークは別のクラブに移籍)

原告側は最後まで「和解」交渉に対してはオープンな姿勢を示しましたが、最終的に「判決」ということになりました。

「和解」が成立すればそれで完全に終結となるわけですが、「判決」となりましたので判決に不服であれば東京高裁に控訴することになりますから、もうしばらく続くことになります。

「出陳拒否」裁判を巡る状況は以下のとおりです。

◆2014年2月、4月、6月ショーの「出陳拒否」裁判
   →東京高裁で「和解」成立(被告側4人が「深謝」し、クラブオーナーと当時のクラブ代表者が原告側に解決金を支払い)

◆2014年6月ショーの「出陳拒否」裁判
 東京地裁で「和解」成立(被告エントリークラークが「不相当であった」と認め、原告側に解決金を支払い)

◆2014年4月、11月ショーの「出陳拒否」裁判
 →最高裁で係争中

◆2014年10月リジョンショーの「出陳拒否」裁判
 →東京地裁で来年2月14日に「判決」言い渡し

※「あらゆる『差別』なきRegion運営に向けて」は休みました。

2019年12月19日 (木)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて㉓

4月29日のショーに問題がなかったというわけではなくて、あくまでも一般のキャットショーに出した人たちのポイントを剥奪するのがかわいそうだからという理由で、プロテストは認められなかったということになる」ということが、「本当のところ」でないことは、次の経緯を見ても明らかです。

なぜなら、アクトショーに対するプロテストが「Take No Action」になった後日、別のRegionのDirectorが新たなプロテストを申し立て、その中でアクトショーのショーコミッティメンバーによる出陳猫のポイント剥奪を求めたからです。

これなら、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジが主張するように、「一般のキャットショーに出した人たちのポイントを剥奪する」ような事態を回避し、かつアクトクラブ員をはじめとするアクト協力者を”一網打尽”に打撃を与えることができたはずです。

しかし、TICAのBoardはこのプロテストも「Take No Action」にしました(=アクトショーのショーコミッティメンバーによる出陳猫のポイントを認めたわけです)。

もし、クラブオーナーでもあるTICAジャッジが今なお、「あくまでも一般のキャットショーに出した人たちのポイントを剥奪するのがかわいそうだからという理由で、プロテストは認められなかった」という主張を続けるのであれば、別のRegionのDirectorが申し立てた別のプロテストがどうして「Take No Action」になったのかも含めて説明すべきでしょう。

「4月29日のショーに問題がなかったというわけではな」いのであれば、それはクラブとともにショーコミッティーにも何らかの責任があったということであり、ショーコミッティーメンバーに何らかの罰を科しても何の問題もなかったはずです。

TICAという小さな趣味の世界にあっては歴史的出来事というべきものですが、過去の経緯を時系列で正確に話さず、自分たちだけに都合良く解釈して、あたかも相当の因果関係があるかのように印象付けるのも「差別」の典型的な特徴と言えるのではないでしょうか。

TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジが主張するのだから本当なんでしょう…と安易に考えていますメンバーだっていることを考えると、こうした組織風土は本当に恐ろしいことだと思います。

2019年12月18日 (水)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて㉒

2013年4月29日のアクトショーに対する「プロテスト」がどうして「Take No Action」になったのか--。

今なお、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは何かに取り憑かれたかのように「異説」を主張し続けています。

11月6日に東京地裁で行われた「尋問」で、被告側代理人から「4月29日のショーに問題がなかったというわけではなくて、あくまでも一般のキャットショーに出した人たちのポイントを剥奪するのがかわいそうだからという理由で、プロテストは認められなかったということになるんですね」と聞かれ、クラブオーナーでもあるTICAジャッジは次のように証言しました。

本当のところを言うとそうなんです……

しかし、当時、このクラブオーナーでもあるTICAジャッジはディレクターではありませんでしたから、Boardの議論の中身を逐一知っていたはずはありません。

せいぜい「また聞き」であって、どこまで信用できるか疑問符が付きます。

それに、「4月29日のショーに問題がなかったというわけではな」かったなら、どうしてTICAのBoardは「Take No Action」にしたのでしょう。

ルール違反でなくても何らかの問題があったのならば、それをしっかり指摘し、そのことを理由に何らかの「Action」を科すことはできたはずです。

アクトに「Action」を科した上で、「一般のキャットショーに出した人たちのポイントを剥奪」しない方法もあったはずなのにしなかったのは大いなる疑問であり、クラブオーナーでもあるTICAジャッジの主張はそうした疑問に全く応えていません。

東京地裁という法廷の場に於いて、本当のところは違うのに(あるいは本当のところだという根拠は不明なのに)、「本当のところを言うとそうなんです…」と証言することは、私にしてみれば特定の人物を陥れようとする「差別」の典型例と思わざるを得ません。

あらゆる「差別」なきTICA Asia East Region運営に向けて、もし「本当のところを言うとそうなんです……」と断言できるなら、その根拠をしっかり示して頂きたいと思います。

2019年12月17日 (火)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて㉑

2013年4月29日のアクトショーから6年半以上が経つわけですが、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは、今なおこのショーに参加した9歳のRBが気に障り続けているようなのです。

11月6日に東京地裁で行われた「尋問」で、クラブオーナーでもあるTICAジャッジは次のように証言しました。

一番最後のショーに9歳過ぎてるロシアンブルーが出陳されるということはあり得ない」--。

6年半以上過ぎてなお、こう主張し続けるからには、「出陳拒否」と相当の因果関係を持つ何かがあるはずですが、それがいまだに不明なのです。

この件はこれまでにも取り上げたことがありますが、これ自体、何のルール違反でもないわけです。

では、何か道義的な問題があったかというと、9歳過ぎて不健康なRBであったなら問題かもしれませんが、そんなことは全くなく、健康であったわけです。

9歳過ぎても健康でショーに出られるのは称賛されこそしても、非難や批判を受ける筋合いではないはずですが、クラブオーナーでもあるTICAジャッジから見るとそれは非難や批判の対象になるのです。

別の国際的な団体には「ベテラン」クラスもあるぐらいですから、その点でも9歳過ぎてるRBが出陳されていても問題ないはずなのです。

本来、何の問題でもなく、何の問題もないはずなのに、称賛されるべきことでも非難や批判の対象にされてしまうのは、「差別」的扱いの最たる例と言えるでしょう。

もし、本当に何らかの理由で「一番最後のショーに9歳過ぎてるロシアンブルーが出陳される」ということがいけないことであるなら、TICAのルールを改正すべきだと思うのですが、TICAのアジアディレクターも務めた、このTICAジャッジはそのような取り組みをしようともしません。

アクトのショーだと問題になり(あるいは問題にしようとする)、私がすると問題になり(あるいは問題にしょうとする)のは、明らかに「差別」と言わざるを得ません。

ルール改正までいかなくても、TICA Asia East Regionの”紳士協定”として、「一番最後のショーに9歳過ぎてる猫は出陳しないようにする」という合意形成はもしかすると可能かもしれないわけです。

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて、新ディレクターがこの問題にどういう見解を示し、どのように解決しようとするのか、注目したいと思います。

2019年12月16日 (月)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて⑳

私1人じゃなくて、K(当時のクラブ代表)、それからM(2014年4月、6月ショーのエントリークラーク)、それからS(2014年2月ショーのエントリークラーク)、その後にH(2014年10月リジョンショーのエントリークラーク)という、本当に何の罪もない人を被告と言われるようにしてしまったということに対して、私自身はとてもすまないと思っていました」--。

11月6日に東京地裁で行われた「尋問」で、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジはこのように証言しました。

この証言だけ聞くと、義理人情に厚いように思うメンバーもいるかと思いますが、私は違うと思います。

なぜなら、クラブ代表も3人のエントリークラークも善悪の判断できる大人であって、TICAのメンバーとして、クラブ代表として、エントリークラークとして忠実にその使命や責務を果たせば、「被告と言われるように」なることはなかったからです。

自らしっかりとTICAのルールを確認しなかった責任、ルールを的確に解釈しなかった責任、間違った解釈と判断を下したクラブオーナーの指示に唯々諾々と従った責任--は全て自己責任として自らが負うのは当然でしょう。

それとも、小さな趣味の世界であれば、そうした責任は課されず、あるいは免れると思っていたのでしょうか。

「差別」は加害者1人だけで成立するものではありません。

特定の人物に対する「差別」への積極的な賛同者がたくさん必要というわけでもありません。

TICA Asiaで見られたように、自らの思考を停止し、唯々諾々と従うメンバーがいればいいわけです。

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けては、全てのメンバーが自ら考え、判断し、唯々諾々と従うことのないようにしなければならず、Directorはその雰囲気作りの先頭に立たねばならないことは言うまでもありません。

2019年12月15日 (日)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて⑲

「便宜上」という言葉が「そのほうが都合がよいという事情(があるため)」「都合に合わせて」という本来の意味を超え、専ら「被告側にとって」「自分たちにとって」という意味合いで使われる果てに何が起こるか--。

それは「出陳拒否」の理由の一番大事な根幹をなす、どのルールに違反したかというところの杜撰でいい加減な主張に行き当たります。

11月6日に東京地裁で行われた原告側、被告側双方に対して行われた「尋問」で、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは次のように証言しました。

(23.6.5を適用しようと思ったが、前セクレタリーが主宰するクラブのショーの「出陳拒否」のプロテストが)ノーアクションじゃなくて棚上げになっていたので、じゃあ同じ意味で(23.6.5を理由に「出陳拒否」するのは)棚上げにして23.6.4のほうで出陳拒否しましょうということにしたと思います」ーー。

ところが、それに対してアクトクラブ員が抗議が来て、「それならやっぱり来てもらうと困るということで23.6.5を付け加えて出陳拒否を再度ファクスで送った覚えがあります」と証言しました。

こうした真の理由に事欠く、場当たり的な対応もまた、問題が解決に向かうどころか拗れていき、その過程で「差別」意識や「差別」的扱いの入り込む余地を生んでいくというわけです。

もともと「差別」は合理的根拠のないところに、根拠らしき虚構を作って境界を設けることで生み出されます。

TICA Asiaで起きたこともまさしく、正当かつ合理的な根拠のない(TICAのShow Rulesの正確な解釈も含めて)ところに、「便宜上」の言葉を使って無理矢理、適用しようとしたところにありました。

それは、根底に「差別」しよう、「排除」しよう、「締め出そう」という心理がなければ働かない言動であり、「差別」できるなら、「排除」できるなら、「締め出せる」なら、理由など何でもいいというなりふり構わない姿勢も見て取れます。

この理由だとダメそうだから、あの理由にしましょう。あの理由がダメだというなら、やっぱりこの理由にしましょう--。

単純に言えばこういうことであって、「出陳拒否」できれば、事実上、理由など何でもいいわけです。

あらゆる「差別」なきRegionに向けて、自己都合の「便宜」を振り回すことのないようにしなければならないことが分かるかと思います。

2019年12月14日 (土)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて⑱

11月6日に東京地裁で行われた原告側、被告側双方に対して行われた「尋問」--。(※被告側は3人ですが、尋問はTICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジだけに行われました)

原告側代理人が「(2014年)2月、4月、6月(ショー)の出陳拒絶については謝って終わってるということを思い返すと、今、振り返って、○○さん(アクトクラブ員)(ショー)会場に現れるということを不快に感じて出陳拒絶の理由としたというのは正しいことだと今思ってますか」と聞きました。

そうするとクラブオーナーでもあるTICAジャッジは、「思ってます。便宜上の言葉もあると思います」と証言しました。

「便宜上」とは、「そのほうが都合がよいという事情(があるため)」「都合に合わせて」という意味であり、一般的には「相手にとって」という意味合いがありますが(※例えば「便宜を図る」といった場合など)、この証言で使われた「便宜上」は専ら「被告側にとって」「自分たちにとって」という意味合いが強いようです。

そして、この証言が真に意味するところは、本来であれば「出陳拒否」の理由になるはずのない(理由に出来るはずのない)、「自分たちが不快に思う」ということを、自分たちの都合に合わせてTICAのShow Rule 23.6.5を解釈し、当て嵌めたということなのではないでしょうか。

私は、ここにもあらゆる「差別」の端緒というか発端が見られるのではないかと思っています。

ルールを正しく理解し、正しく解釈すれば起こりえない「差別」が、「便宜上」という名の下で自分たちに都合良く解釈することで顕在化するというわけです。

「便宜上」という言葉を、まさに「便宜上」、都合良く使うところにそもそもの過ちがあるのであって、小さな趣味の世界だからといって「便宜上」なんにも「便宜上」という言葉を使っていいわけではありません。

今回の「出陳拒否」という「差別」は、便宜上、「便宜上の言葉」を使ったところにそもそもの問題があったと思わずにはいられません。

新しいディレクターに於いては、TICA Asia East Regionから、こうした「便宜上の言葉」を排してもらいたいと思います。

2019年12月13日 (金)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて⑰

特に、キャットショーの会場で人とすれ違う際は体を斜めにする必要があるくらい狭かったので、○○さん(アクトクラブ員)との距離も近くなり、それだけ恐怖心も大きくなってしまいます」--。

TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジが令和元年9月4日に東京地裁に提出した「陳述書」にはこう書いてありました。

しかし、11月6日の「尋問」で、クラブオーナーでもあるTICAジャッジは次のように証言を翻しました。

ちょっと訂正しておきます。(2014年)10月の(リジョン)ショーは会場は大きいところでした」--。

被告側代理人も敢えて念押ししなくてもいいものを、「じゃあ、普通にみんな通行を余裕でできる」と聞き、クラブオーナーでもあるTICAジャッジは「はい」と認めたのです。

なぜ、ショー会場の広さが重要だったかというと、クラブオーナーでもあるTICAジャッジは「陳述書」で、「私達は○○さん(アクトクラブ員)に対して恐怖を抱いていました。今度はどんな攻撃をされるのか不安に苛まれており、出陳を認めた場合に、私達に危害を及ぼすおそれが非常に高いと考えて……」と書いていたからです。

ところが、2014年10月のアジアリジョンショーは中央区産業会館ではなく、台東館だったわけですから、仮に少なからず「恐怖心」なるものを抱いていたとしても、アクトクラブ員との距離が近くなることなどほとんどあり得なかったといえます。

私は、「差別」というのはこうした”虚構”から生まれ、”虚構”によって膨らみ、被害者を追い詰めていくのだと思っています。

ショー会場が異なり、広さも大きく違っていたことで、TICAのアジアディレクターを務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジの「出陳拒否」の理由らしき事情のひとつは脆くも崩れました。

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けては、あらゆる「言いがかり」に屈してはならないとともに、こうした「言いがかり」のような主張を容認、あるいは黙認する組織風土も一掃しなくてはならないといえるかと思います。

2019年12月12日 (木)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて⑯

謝罪を書けって言われたから、謝罪を書きますと言いました」という証言を聞いて、裁判長とその両サイドに座る2人の裁判官がどう思ったか、どう感じたか、傍聴席にいた私が知る由もありません。

ですが、素人の私から見ても、裁判官を前にした法廷での証言としてあまりにふさわしくないことだけは分かります。

と同時に思うのは、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたメンバーの発言としても、TICAジャッジとしても、ふさわしいとは言えない証言であったことは疑う余地がないでしょう。

これが、仲間内の集まりでの会話だったり、ごく親しいメンバーとの電話での会話で飛び出したのなら、まだ仕方ないと思う余地もあったかもしれません。

私は、こうしたあからさまな証言が平気で飛び出して来るところに、あらゆる「差別」が蔓延る土壌があるのだと思っています。

あからさまにやって良いことと悪いこと、あからさまに言って良いことと悪いこと--。

この区別をしっかり付けないから、あらゆるところであらゆる形の「差別」が顔を覗かせてしまうのです。

もちろん、あからさまでなければやっていいです、言っていいです、と主張しているわけではありません。

しかし、あらゆる「差別」なきRegion運営に向けての本当に小さな一歩として、その国の司法を侮辱するような発言(証言)は慎むことが欠かせないのではないでしょうか。

小さな限られた趣味の世界だから何をやってもいいという感覚からは早く抜け出さなければいけないと私は思っています。

2019年12月11日 (水)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて⑮

謝罪を書けって言われたから、謝罪を書きますと言いました」--。

TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは、11月6日に東京地裁で開かれた「尋問」で、こう証言しました。

この「謝罪」というのは、2014年2月、4月、6月ショーの「出陳拒否」を巡る訴訟で、最終的に東京高裁で「和解」が成立した時に、クラブオーナー、当時のクラブ代表、2人のエントリークラークが「出陳拒否したことを深謝する」とした部分です。

誰がこのクラブオーナーに「謝罪を書けって」言ったのかまでは定かではありませんが、ここまであからさまな言い逃れは、私は聞いたことがありません。

司法の場で「深謝する」としたことすら、「謝罪を書けって言われたから…」と言い逃れするようでは、もはやこの人が発する言葉はなにひとつ信用できないと思わざるを得ません。

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて大切なのは、それぞれがそれぞれを信頼し、仮に「差別」的扱いをしたとしても、それを素直に反省し、謝罪し、新たなスタートを切るところにあります。

ですが、このように司法の場で「深謝する」としたことすら、後になって「謝罪を書けって言われたから…」と前言を翻すような言い逃れをされては、謝罪された方も憤りが再燃するというものです。

小さな趣味の世界だからこうした言い逃れが許されるのだとしたら、あまりに酷い趣味の世界と言わざるを得ません。

自分の言葉に責任を持つ--。

これは猫を審査し、表彰し、出陳者の前で説明するTICAのジャッジとしても課された責務ではないでしょうか。

2019年12月10日 (火)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて⑭

(ベンチングで)隣になるというのを嫌っていう人がほとんどなので」--。

TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは、東京地裁703号法廷で開かれた6日の「尋問」で、こう証言しました。

「隣」というのは、ベンチングでアクトクラブ員と隣合わせになることを言っています。

「みんな」同様、「ほとんど」も「差別」や「いじめ」「嫌がらせ」の現場に於ける「常套句」です。

「ほとんどの人が嫌っている」「ほとんどの人が嫌がっている」といったことを言う人に、「ほとんど」とは具体的に誰かと聞いても答えられないのと同じです。

「ほとんど」も匿名性を背景にしたレッテルを貼るやり方であり、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジが法廷で証言することは、TICAの評判を貶めこそしても高めることにはならないでしょう。

もし、法廷で証言するのであれば、「意識調査」を実施し、ベンチングでアクトクラブ員の隣になるのを「嫌っていう人」がどのくらいいて、その「嫌っていう」ことが「差別」ではなく、しっかりとした合理的根拠を持つものなのかどうか調べた上で発言すべきではないでしょうか。

もちろん、「嫌っていう」感情そのものが「悪」であり、「罪」であると言っているわけではありません。

どうしても生理的に「嫌っていう」場合もあるかもしれませんし、言葉には出せないけれども、よくよく聞けば合理的根拠になり得る理由で「嫌っていう」場合もあるかもしれません。

ですが、「嫌っていう人」が実際にどれくらいいて、その理由に合理的根拠があるかどうかを示さずに、法廷で「(ベンチングで)隣になるというのを嫌っていう人がほとんどなので」と証言するのは、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジとして相応しいとは思えません。

同じTICAのメンバーに関する証言なわけですから、そこには自ずと道義的な制約があるはずです。

TICAが国際的団体の組織であり、そのディレクター経験者でありジャッジであるなら、それに相応しい証言の仕方があると私は思っています。

2019年12月 9日 (月)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて⑬

現実的にいなくなるとみんなほっとするんですよ」--。

TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは、東京地裁703号法廷で開かれた6日の「尋問」で、こう証言しました。

これは、アクトクラブ員がショー会場に来るとどきっとしてしまい、ショー会場から「いなくなるとみんなほっとする」という文脈で出てきた証言です。

ここにも「差別」や「いじめ」「嫌がらせ」の現場に於ける「常套句」が見られます。

「みんな」という言葉です。

「みんなが嫌っている」「みんが嫌がっている」といったことを言う人に、「みんな」とは具体的に誰かと聞いても答えられないのと同じです。

匿名性を背景にレッテルを貼るやり方を、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジが法廷ですることは、TICAの評判を貶めこそしても高めることにはならないでしょう。

アクトクラブ員がエントリーしてショー会場に現れると、どうしてどきっとするのか、一瞬どきっとすることがどれほどの「悪」あるいは「罪」と言えるのか、「尋問調書」を何度読み返しても具体的な理由は出て来ません。

TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは、「いなくなるとみんなほっとする」とも証言しましたが、いちいちアクトクラブ員がショー会場にいつまで居て、いつ帰ったかに注意を払っている出陳者がどれだけいるというのでしょうか。

その人がいると嫌だとか、どきっとするとか言い、「いなくなるとほっとするんですよ」というのは子どものいじめや嫌がらせレベルの「言い訳」に過ぎません。

小さな趣味の世界だから子どもレベルの「言い訳」でも許されるでしょうか--。

私は違うと思います。

TICAが国際的団体の組織であり、それなりのルール(By-LawsやShow Rules等)が定められているわけですから、それに相応しい組織運営や組織風土のあり方があると思っています。

2019年12月 8日 (日)

本当の「それはもうすごい怖い人」とは…⑤

「全245問のうち正答率が最も低かったのは情報の質や信ぴょう性を評価する問題」

「電子レンジの販売元企業の宣伝文と安全性に疑問を投げかける記事の2つを読み、信ぴょう性などを評価した上で自分の考えを書かせた」

「正答率は8.9%で、加盟国平均の27.0%を大きく下回った」--。

ある新聞にこう書いてありました。

猫界という趣味の世界にあって長年にわたって横たわる根深い問題が、まさに情報の「質」や「信ぴょう性」の評価にかかわる問題であると言えるのではないでしょうか。

誰かが言ったこと、誰かが伝えた情報の「質」や「信ぴょう性」の根拠となる事実を確認しようとせず、評価する能力に欠け、真に受けてしまう。

あるいは情報の「質」や「信ぴょう性」を評価する能力に欠けることを補うために、自分に都合良く尾ひれはひれを付けて吹聴する。

こうしたメンバーからの被害を受け、泣き寝入りを強いられ、嫌気が差してTICAから離れていったメンバーがどれだけいるでしょうか。

情報の「質」や「信ぴょう性」を評価しようとしない人、評価する能力の無い人こそ、本当に「それはもうすごい怖い人」と思わずにはいられません。

※「あらゆる『差別』なきRegion運営に向けて」は休みました。

2019年12月 7日 (土)

本当の「それはもうすごい怖い人」とは…④

もうひとつ、設問の題材には「イースター島から大木が消えた原因はネズミの食害だとする異説を伝える記事」もあり、「本の書評」と「記事」がそれぞれが挙げた「原因」を選択肢から選ばせる問題が出されました。

その正答率は加盟国平均を若干上回ったものの、20.2%にとどまったとのことです。

報道によると、これは「因果関係の把握が苦手であることの実態」を示したものだそうですが、「因果関係」の把握もまた、TICA Asiaメンバーに於いて、総じて欠けている傾向といわざるを得ないでしょう。

なぜなら、いまだに2013年4月29日のショーが原因で、私のジャッジ資格が降格され、更新停止になったのだと主張し続けるメンバーがいるからです。

前アジアディレクターは11月6日の「尋問」において、原告代理人が「その降格については、TICAが公式にこのショーが原因であるというような表明をしたことは聞いたことがありますか」と聞くと「ないですね」と証言しました。

さらに原告代理人が「その理由は確認されたんですか」と念を押して聞くと、前アジアディレクターは「確認する必要がありますか」と逆質問して証言を避け、原告代理人がもう一度「TICAが公式にこのショーが原因で降格させる処分をしたということを聞いたことがありますか」と重ねて質すと、「正式にはないですね、多分ね」と証言したのです。

自分で「因果関係がある」と主張しいるわけですから、その根拠を示すためにも前アジアディレクター自身こそ確認する必要があるはずですが、その責任を転嫁しようとする証言は全く理解できません。

「因果関係」がない(あるいは明らかになっていない)のに、恰も「因果関係」があったかのように喧伝するのは私の社会的評価を低下させるものであって名誉を毀損するものにほかならないといわざるを得ません。

「因果関係」をしっかり把握できない人こそ、本当に「それはもうすごい怖い人」と思わずにはいられません。

※「あらゆる『差別』なきRegion運営に向けて」は休みました。

2019年12月 6日 (金)

本当の「それはもうすごい怖い人」とは…③

日本の生徒(15歳)の「読解力」が過去最低になったことを引き続き取り上げます。

設問の題材のもうひとつに「イースター島から大木が消えたのは人による伐採が原因だとした本の書評」があったとのことです。

この書評から抜粋した複数の箇所を「事実」と「意見」に仕分けする質問をしたところ、日本の正答率は加盟国平均を2.9ポイント下回る44.5%だったそうです。

これは何を意味するかというと「情報の評価・熟考が十分にできていない生徒が多い」ということを示します。

アクトのブログに原因があるとして「出陳拒否」したTICAメンバーも同じでしょう。

私が綴ったことに関し、どれが「事実」に当たり、どれが私の「意見」や「論評」であるかを混同し、自分に都合のいいように仕分けして私やこのブログを悪者扱いしていることが見て取れます。

ブログを書くにあたって、象徴的な例として歴史的な出来事や事件などを引き合いに出す場合もあります。

物事をより単純化して分かりやすくするために、たとえ話を書くこともあるでしょう。

しかし、それらを「事実」と「意見」に分けることができず、十把一絡げにして、自分に都合良く思い込んでしまうところに問題があると言えます。

私が言うこと、私が書くことについて、「事実」と「意見」にしっかり分けて理解することができない人こそ、本当に「それはもうすごい怖い人」と思わずにはいられません。

※「あらゆる『差別』なきRegion運営に向けて」は休みました。

2019年12月 5日 (木)

本当の「それはもうすごい怖い人」とは…②

昨日紹介したOECDによる「学習到達度調査」で、日本の生徒(15歳)の「読解力」が過去最低となったことを、引き続き取り上げます。

設問の題材のひとつに「ある大学教授のブログ」なるものがあったそうです。

イースター島でフィールドワークをしていた大学教授が綴った設定になっていますが、設問は「ブログによると、大学教授がフィールドワークを始めたのはいつですか」というものでした。

斜め読みしても普通に分かることだと思いましたが、正答率は42.4%とOECD平均を下回ってしまいました。

これは何を測る設問かというと、「情報を探し出す力を測るもの」だそうで、この力を測る正答率は前回調査(2015年)に比べて落ちているとのことでした。

TICA Asiaでも同様の傾向は見て取れるようで、「出陳拒否」の原因がアクトのブログにあると主張するメンバーからは、正しい情報を探し出す力が欠けているのではないかと思わせる部分が多々あります。

いつのどういう出来事を取り上げているのか、何について書いているのか--正しい情報を探し出せず、独り善がりに勝手に解釈して憎悪や怒りを抱くメンバーが「出陳拒否」したと考えられます。

「(正しい)情報を探し出す力」はJudgeだけでなく、Directorにも欠かせません。

「スタンダード」から「(正しい)情報を探し出す力」、TICAのルールから「(正しい)情報を探し出す力」なくして、公正な審査や健全な組織運営はあり得ないからです。

「(正しい)情報を探し出す力」の無い人こそ、本当に「それはもうすごい怖い人」と思わずにはいられません。

※「あらゆる『差別』なきRegion運営に向けて」は休みました。

2019年12月 4日 (水)

本当の「それはもうすごい怖い人」とは…①

日本の「読解力」、過去最低--。

きょうの朝刊各紙にはこんな感じの見出しが躍っていたかと思います。

世界79カ国・地域の15歳約60万人を対象にOECDが実施した「学習到達度調査」によると、日本は前回15年調査の8位から15位に大きく後退したそうです。

小さな趣味の世界に於いても、私が何度も指摘してきたように「読み解く力」はとても重要ですが、若い世代にあってこうした現実を突き付けられると愕然としてしまいます。

「スタンダード」を理解し正しく解釈するには「読解力」が欠かせませんし、「ルール」を理解し正しく解釈するにも「読解力」が欠かせません。

2013年4月29日のアクトショーを巡る「評価」の問題も、「出陳拒否」の問題も、そしてこのアクトのブログを巡る事柄も、すべては見た側、読んだ側、受け止め側の「読解力」の無さに起因しているといわざるを得ません。

「読解力」は一朝一夕には身に付きませんが、それでも日々しっかり勉強していれば、多少「読解力」に欠けていたとしても、誤った理解や解釈を修正することは可能ですが、自らにみっちりと学ぶことを課さないとあっては話になりません。

ある新聞によると、日本の生徒は「情報が正しいかどうかを評価する問題も苦手」であり、「根拠を示して自分の考えを説明する問題も低迷した」そうです。

「読解力」の無い人こそ、本当の「それはもうすごい怖い人」と思わずにはいられません。

※「あらゆる『差別』なきRegion運営に向けて」は休みました。

2019年12月 3日 (火)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて⑫

それはもうすごい怖い人だと思いました」--。

TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは、東京地裁703号法廷で開かれた6日の「尋問」で、こう証言しました。

これは、アクトクラブ員に対する人物評として証言したものですが、「尋問調書」を最後まで読んでも、何を以て「すごい怖い」と思ったのか、具体的な根拠が示されることはありませんでした。

一般に「すごい怖い人」というイメージは、テロリストや無差別殺人鬼、暴力団関係者に対して抱くものではないでしょうか。

そうした言葉を法廷で証言として使うことは、たとえ本人が本心からそう思っていたとしても、具体的な根拠も示さずに一方的にそういうレッテルを貼られたアクトクラブ員からすれば激しい怒りを感じても不思議ではないでしょう。

根拠もなく「悪い人」や「怖い人」扱いすることこそ、人種差別や性差別に共通する「差別」の象徴的なケースであって、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジがアクトクラブ員を差別した証拠と言えるものではないかと私には思えます。

本当に心底、そう思っていたのであれば、「出陳拒否」を貫くべきであったはずですが、2014年10月のリジョンショーを最後に、このクラブでは「出陳拒否」するのを止めました。

ここには、「出陳拒否」した加害者側が、被害者であるはずのアクトクラブ員を「それはもうすごい怖い人だと思いました」と言って加害者扱いすることで、自らが被害者を装う姿に他ならないと私には映ります。

「差別」的扱いを受けている被害者の方が悪く、恰も被害者の方が加害者であり、加害者側が被害者であるように装う構図は、「差別」問題の解決を複雑にしています。

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて極めて険しい道が待っていると思わざるを得ません。

2019年12月 2日 (月)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて⑪

机がないということは絶対にないと思います」と、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーでもあるTICAジャッジは、東京地裁での「尋問」でこう証言しましたが、その時の画像は証拠として裁判所に提出してあり、もしかしたら確認していなかったのかもしれません。

机やテーブルではなく、架台の足を積み上げた上に、シングルの控えケージがぽつんとひとつだけ載っている証拠画像を、代理人弁護士を通じていずれ目にすることでしょう。

この画像は、名誉毀損が争われている裁判にも、私やアクトクラブ員がいじめ・嫌がらせ、差別的扱い等を受けている証拠として提出してあります。

「世の中に『絶対ない』などというものはない」と言いますが、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーもそのことを身をもって知ることになるかと思います。

そして、次の関心事は、TICAのアジアディレクターを通算3期9年務めたクラブオーナーが実施にその画像を目の当たりにしてどのような感想を持つかということです。

日本におけるTICAのショーでこんな酷い差別的扱いがあったとは…と驚愕するか、それとも私やアクトクラブ員なら「そうした目に遭っても不思議ではない」と思うか--。

そして、そうしたベンチングをしたのが新ディレクターであったという事実について、どういう反応を示すのかも興味のあるところです。

いくら嫌いであってもそこまでしてはならないと言うか、それともそのぐらいであればしても構わないと思うか--。

もちろん、私の見解は「控えケージが机やテーブルの上に置かれていないなどということは絶対にあってはならないし、あったとしたらそうしたベンチングをしたメンバーには厳罰をもって望みたい」といったところです。

この証拠は、小さな趣味の世界に於いてさえ、ここまでの「差別」的な扱いが起こりえるのかという点に於いて、裁判所にとってもある種の衝撃があったのではないかと思っています。

2019年12月 1日 (日)

あらゆる「差別」なきRegion運営に向けて⑩

東京地裁に提出した証拠画像を見れば一目瞭然ですが、問題は控えケージを置いたのが「机」ではなかったということとともに、孤立させた(あるいは孤立させたとのイメージを他の出陳者に植え付ける)ことにあったと考えられます。

控えケージを、机やテーブルではなく、架台の足を積み上げた上にぽつんとひとつだけ載せ、それを部屋の隅にひとり分だけ配置したのは、「差別」的な扱いをされているのだということを周囲に知らしめる効果があったことは間違いありません。

もちろんこうしたベンチングをした意図は、新ディレクターに就くメンバーに聞いてみなければ分かりませんが、少なくとも私であればどんなに嫌な人であったとしても、そのようなベンチングはしませんし、万が一、何かの手違いでそのようなベンチングを目撃したなら、「このベンチングは余りに酷い」と思って、すぐに変更したでしょう。

つまり、こうして考えて分かってくるのは、そのようなベンチングをした意図は分からなくても、そのベンチングを見ても何とも思わなかったということだけは確かなわけです。

「差別」が差別をする人とされる人だけの問題ではなく、「差別」は周囲を巻き込むことによって成立することが分かるかと思います。

「差別」的扱いをされていることを周囲に見せしめ、周囲が私やアクトクラブ員が「差別」的扱いを受けていることを認識させて、はじめて「差別」として完結するというわけです。

もし、周囲に見せしめる効果がなく、周囲が「「差別」的扱いを受けていることを全く認識しないなら、それは加害者による「意地悪」にとどまっていたかと思います。

2013年4月29日のアクトショー以降、TICA Asiaで行われてきたのは、「意識調査」なるアンケートも、「出陳拒否」も、こうしたベンチングの「差別」的扱いも、周囲を無理矢理にでも巻き込もうとしてきたところに共通点があり、一連の問題の本質があると言えます。

こうして見てくると、来年から始まる3年間も、あらゆる「差別」なきRegion運営に向けてはなかなか難しいように思えてきます。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »