2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« TICA Asia East Region Director 選挙公約⑨ベテランによる「Advisory Board」設置 | トップページ | 【重要】TICAメンバー投票の案内メール(郵便)が未着の場合 »

2019年10月22日 (火)

TICA Asia East Region Director 選挙公約⑩中立・公正・公平・平等なリジョン運営

※一般メンバー投票のTICAルール改正案の解説はこちらをご覧ください。

◆公約⑩◆中立・公正・公平・平等なリジョン運営をします。

私が当選したあきつきには、TICAメンバー、出陳者を含め、あらゆるステークホルダー(利害関係者)による「協働・協治」の理念を打ち立て、あらゆる差別や意地悪・嫌がらせ、依怙贔屓のないリジョン運営をしていきます。

Asia East Regionのキャッチフレーズを掲げ、Directorの「行動規範」やAsia East Region Officeの「行動基準」を定めて公表し、それに従って行動します。

中立・公正・公平・平等なリジョン運営が出来ているかどうか、年に1回、全メンバーから評価して貰います。

「パブリック・インボルブメント」や「パブリック・コメント」の手法を取り入れ、幅広いメンバーの参加を可能にするリジョン運営を目指します。

TICAの使命や理念に基づきながら、Asia East Regionとしての理念と使命、ミッションを打ち立てます。

Asia East Regionとしての長期的な成長戦略や展望を打ち出した「長期ビジョン」を策定します。

TICA Asia East Regionは、TICA Asiaだった時代も含め、少なくとも15年余り、決して中立・公正・公平・平等とは言えないリジョン運営が為されてきたことはみなさんも良くご存知かと思います。

それを日本的な”村”社会と言ってしまえばそれまでですが、それでは時代に取り残されていくだけです。

いくら小さな趣味の世界とは言え、気の合った仲間だけが自由気ままに楽しめればいいというものではないはずです。

気に入った人だけ、言うことを良く聞く人だけ優遇し、便宜を図り、依怙贔屓し、そうでない人は徹底的に排除するような組織運営とはきっぱりと決別すべき時期に来ていると私は思っています。

Directorは明確な「行動規範」「行動基準」に基づき、中立・公正・公平・平等なリジョン運営をすべきであると考えるみなさんはぜひ、私に投票して頂ければと思います。

Photo_20191011124001
※投票締切は日本時間11月12日(火)14時59分(午後2時59分)です。

「公約」全文は、米TICA本部サイト(https://www.tica.org/ja/resources/our-association/ballots-elections)にて、「日本語」「ハングル」「英語」で掲載しています。

※TICA Asia East Region公式サイト(http://www.tica-asiaregion.net/ )でも「日本語」「ハングル」「英語」で掲載しています。

« TICA Asia East Region Director 選挙公約⑨ベテランによる「Advisory Board」設置 | トップページ | 【重要】TICAメンバー投票の案内メール(郵便)が未着の場合 »

2019 Director選挙」カテゴリの記事