2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« TICA Asia East Region Director 選挙公約⑤リジョン会計の透明性を高めます! | トップページ | TICA Asia East Region Director 選挙公約⑦Directorが責任持ち「人財育成」 »

2019年10月18日 (金)

TICA Asia East Region Director 選挙公約⑥「出陳料」を今より安くします!

※一般メンバー投票のTICAルール改正案の解説はこちらをご覧ください。

◆公約⑥◆みなさんの「出陳料」を安くする仕組みを構築します。

みなさんは、「『出陳料』が高い」と感じたことはありませんか?

「もっと安くならないものか……」と思ったことはありませんか?

国家財政や企業財務と同じように、小さな趣味の世界でも、削るべきものを探し出し、削っていく努力をすることが大切です。

私は、他のクラブに先駆けて、ショー経費の圧縮・削減に努め、自身のクラブに於いて「出陳料」の引き下げを実現してきました。

私が当選したあかつきには、リジョン会計を「一般会計」と「特別会計」に分け、寄付や協賛金によって賄う「特別会計」から「出陳料」を補填し、みなさんの「出陳料」を安くする仕組みを整えたいと思っています。

まずは、リジョンショーの「出陳料」の引き下げに取り組みます。

例えば、ちょっと昔の話になりますが、2016年6/7月号の「TICA TREND」にアジアリジョンの「会計報告」が掲載されています。

そこには、2015年1月のボードミーティングのAgenda&Minutesの翻訳料として6万円、同年5月のボードミーティングのAgenda&Minutesの翻訳料として6万円、そしてAnnualボードミーティングのMimutesだけの翻訳料(なぜか分かりませんがAgendaの翻訳料は計上されていません)として3万円の合計15万円が支出項目として計上されています。

ところが、当時においてこれらのAgendaやMinutesの翻訳はアジアリジョン公式サイトに掲載されていないのです。

最近、判明したことですが、現時点で分かっているのは、1月のボードミーティングのMinutesの翻訳はされたらしいこと(Agendaは翻訳されていないようです)

5月のボードミーティングのAgendaは一部だけ翻訳されたらしいこと(Agendaの残りの部分とMinutesは翻訳されていないようです)

そして、AnnualボードミーティングのMinutesも翻訳した事実が確認できていません。

仮に、AgendaとMinutesの翻訳料が文章量にかかわらず3万円だとすると、翻訳が確認できているのは4万5000円分(Agendaの一部翻訳は半額として計算しました)であり、残り10万5000円分が使途不明になっているのです。

こうした翻訳料を一切計上しなければ、それだけで年間15万円の節約になります。

これをリジョンショーの出陳料に充てれば、100人の出陳者に対して、出陳料を1人当たり1500円安くできることになるわけです。

「出陳料」をもっと下げてほしい、何とか引き下げる仕組みを考えてほしいと考えるメンバーのみなさんはぜひ、私に投票して頂ければと思います。

6
※投票締切は日本時間11月12日(火)14時59分(午後2時59分)です。

「公約」全文は、米TICA本部サイト(https://www.tica.org/ja/resources/our-association/ballots-elections)にて、「日本語」「ハングル」「英語」で掲載しています。

※TICA Asia East Region公式サイト(http://www.tica-asiaregion.net/ )でも「日本語」「ハングル」「英語」で掲載しています。

« TICA Asia East Region Director 選挙公約⑤リジョン会計の透明性を高めます! | トップページ | TICA Asia East Region Director 選挙公約⑦Directorが責任持ち「人財育成」 »

2019 Director選挙」カテゴリの記事