2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« TICA Asia East Region Director 選挙公約③ルールの日本語訳をWeb上で公開! | トップページ | TICA Asia East Region Director 選挙公約④みなさんの「声」になります! »

2019年10月15日 (火)

【重要】TICAルール改正案のメンバー投票について

今回、Director選挙とともに、ルール改正案のメンバー投票が2つあります。

◆Proposal 1: ByーLaw 118.2と118.2.2の改正案

これは各猫種の「Standard」の改正案の投票期間を現在の「45日間」から「30日間」に短縮するという改正案です。

→改正に賛成なら、□ Yes, Amend Rule の□に✓を入れます。(※□をクリックすれば✓が入り、もう一度クリックすると消えます)

→改正に反対なら、□ Noの□に✓を入れます。

【さらに詳しい改正案の内容】
118.2 Amendment of Existing Standards.
Proposed Standard amendments including but not limited to the addition or deletion of colors or the adoption of a new Standard for a recognized breed shall be submitted by the Breed Committee Chairperson to the Genetics, and Rules Committees 120 days prior to the Board meeting at which the changes are to be considered. The Genetics and Rules Committees shall act on the proposal within 15 days of receipt. Upon approval of the Genetics and Rules Committees, the Executive Office shall issue a ballot to all bona fide voting members of the Breed/Breed Group Section(s) no less than 100 days prior to the Board Meeting at which the changes are to be considered. The poll is to be counted by either an organization or a person appointed by the Board in accordance with Bylaw 113.3.1 the official TICA Ballot Judge. Financial responsibility for said poll shall rest with the requesting party(ies).

118.2.2 Breed/Breed Group Section Members shall have at least 45 30 days from the date of mailing to return the ballot to the TICA Ballot Judge.

改正部分の和訳:
118.2 投票用紙は、バイロー113.3.1に従ってボードによって任命された人あるいは組織によってカウントされる

118.2.2 ブリード/ブリードグループのセクションのメンバーは、郵送日から少なくとも30日以内に投票用紙を返却するものとする。

参考)By-Law 113.3.1 Membership ballots may be counted by a CPA selected by the Board of Directors, by an official appointed by the Board of Directors, or by a firm in the business of conducting electronic voting.(メンバー投票は、ボードによって選出されたCPA(公認会計士)、ボードによって任命された職員、または電子投票を手掛ける事業会社によってカウントされる)

◆Proposal 2: Show Rule 23.5, 216.14の改正案

これは爪の除去手術を受けた猫については原則として審査資格を認めないようにする改正案です。

TICAでは現在、爪の除去手術を受けた猫の扱いに関する規定はなく、全てのクラスにおいて審査が認められています。

これをHHPとHHP Kittenを除いて原則、審査資格を認めないとするものです。(※病気や怪我によって爪がない場合はそのことを証明する文書(書証)を提出すれば例外措置として審査資格を認められます)

→改正に賛成なら、□ Yes, Amend Rule の□に✓を入れます。(※□をクリックすれば✓が入り、もう一度クリックすると消えます)

→改正に反対なら、□ Noの□に✓を入れます。

【さらに詳しい改正案の内容】
23.5 A cat not having all physical properties, such as eyes, ears, legs, tail (except as specified in breed standards), is ineligible for entry except in the alter class or household pet classes. A declawed cat or kitten is ineligible for entry except in the household pet classes, i.e., household pet and household pet kitten, unless the exhibitor submits documentary proof, signed by a licensed veterinarian, certifying that the absence of the claw(s) is due to the cat or kitten’s injury or disease.

23.5.1 EXCEPTION: Any cat or kitten that was registered, declawed, and actively shown prior to [effective date of enactment] may continue to be entered in all classes if the exhibitor submits documentary proof of the following:

23.5.1.1 Date of TICA registration prior to [effective date of enactment];

23.5.1.2 Active show status prior to [effective date of enactment]; and

23.5.1.3 Written proof, signed by a veterinarian, certifying date of the declaw procedure prior to [effective date of enactment]

23.5.2 Documentation required for entry of a declawed cat in a class other than household pet classes as set forth in Show Rule 23.5 and 23.5.1 must be submitted with the entry form. Copies of that documentation shall be submitted to the Executive Office with the Master Catalog. Any documentation found to be invalid will result in entries not being counted.

216.14 Cats and kittens that have been declawed and are eligible for entry pursuant to Show Rule 23.5 and 23.5.1 shall not be penalized. If entered in any class other than household pet or household pet kitten, the judge should ask show management if the declawed cat or kitten is eligible for entry. If not eligible for entry pursuant to Show Rule 23.5 or 23.5.1, the declawed cat shall be withdrawn from the competition.

改正部分の和訳:
23.5 爪を除去された猫または子猫は、資格を有する獣医によって署名され、怪我や病気によって爪がないことを証明する書類を出陳者が提出しない限り、HHPとHHP Kittenのクラスを除いてエントリー資格がない。

23.5.1 例外:[(このルール改正案の)発効日]に先立ち、登録済みで爪がなく、積極的にショーに出陳されていたいかなる猫または子猫も、出陳者が以下の証拠書類を提出する場合は、引き続きすべてのクラスにエントリーできる。

23.5.1.1 TICA登録日が[(このルール改正案の)発効日]より前;

23.5.1.2 ショー歴が[(このルール改正案の)発効日]より前;そして、

23.5.1.3 獣医による署名があり、爪の除去日が[(このルール改正案の)発効日]より前であることを示す書証

23.5.2 ショールール23.5および23.5.1に規定されているHHPクラス以外のクラスで爪を除去された猫のエントリーに必要な書類は、エントリーフォームとともに提出されねばならない。 その文書のコピーは、マスターカタログとともにTICA本部に提出されなければならない。いかなる書類においても無効であると判明した書類は、エントリーがカウントされない結果をもたらす。

216.14 爪を除去されてはいるが、ショールール23.5および23.5.1に基づいてエントリー資格がある猫または子猫はペナルティを与えられない。もし、HHPまたはHHP Kitten以外のクラスにエントリーされた場合、ジャッジは、その猫または子猫がエントリー資格があるかどうかをショーマネジメントに聞かねばならない。 ショールール23.5または23.5.1に従ってエントリーの資格がない場合、その猫は審査から外されるものとする。

※投票締切は日本時間11月12日(火)14時59分(午後2時59分)です。

※Director選挙の立候補「公約」発表は休みました。

« TICA Asia East Region Director 選挙公約③ルールの日本語訳をWeb上で公開! | トップページ | TICA Asia East Region Director 選挙公約④みなさんの「声」になります! »

2019 Director選挙」カテゴリの記事