2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 「この状況を理解していて行動を怠り続けるなら、あなたは悪だ」…… | トップページ | 小泉環境相、ステーキ食べて非難される? »

2019年9月25日 (水)

「通訳がいるってだけで、もうあの場では勝負にならない」?

「国連気候行動サミット」絡みの話題をもうひとつ……。

小泉進次郎環境相があるニュースで、次のように話していました。

英語は絶対話せなきゃダメだと思います。通訳がいるってだけで、もうあの場では勝負にならない」--。

「あの場」とは国際会議の場を指しますが、果たして、、、

もし、この発言が真実であるなら、TICAのBoard Meetingもいわば国際会議なわけですから「英語は絶対話せなきゃダメ」であり、歴代のAsia Region DirectorあるいはAsia East Region Direcorは「通訳がいるってだけで、もうあの場では勝負にならな」かったということになります。

そして、今回のDirector選挙を機に、Asia East Regionとしては英語が話せるDirectorを送り込まなければならないという結論になるでしょう。

しかし、本当にそうでしょうか?

これに関連して、大学で英語を教えているという識者(専門は英語音声学、英語教育、スピーチ、通訳)のブログが目に入りました。

要約するとこういうことになります。

国際会議での英語はフォーマルなものであり、「口語過ぎる英語、誤解されるような英語を話すならば、やはりプロの通訳者を使うべきではないか」

「インフォーマルな場では通訳者がいなくても問題はありませんが、フォーマルな場ではぜひプロの通訳者を使ってほしい」

「言語のプロである通訳者に訳してもらう、あるいは、誤解されないような英語力を身に着けることが重要ではないか」--。

私たちはともすると、「英語が話せる」とか「語学ができる」と一括りにしてしまいがちですが、TICAのDirectorとして必要なのは「フォーマルな場」で通用する英語力(語学力)であって、単に日常英会話が流暢に話せることではありません。

さらに言えば、「猫」という専門分野を対象にしたBoard Meetingなわけですから、全ての猫種の「Standard」、全てのTICAのRules、全てのTICAのProgramやManualを熟読し、精通していることが前提になることは言うまでもありません。

※「第3のクラブ『出陳拒否』裁判、『和解』内容のポイント」は休みました。

« 「この状況を理解していて行動を怠り続けるなら、あなたは悪だ」…… | トップページ | 小泉環境相、ステーキ食べて非難される? »