2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 【重要】早割申込は15日まで!「2019 TICA Yearbook」 | トップページ | TICAクラーク更新テストについて考える⑤ »

2019年7月14日 (日)

TICAクラーク更新テストについて考える④

おそらく欧米の場合、Clerking AdministratorがそんなにRefresher Testに労力を割かなくとも、様々なクラークの育成システムが存在するのかもしれません。

しかし、Asia East Regionの場合は、はっきり言って全く違います。

Judgeにおけるルールの知識、クラブにおけるルールの知識、Show Committeeにおけるルールの知識には限界があり、欧米に比べて大きく見劣りすることは否めません。

もちろん、そうであっても、”最後の砦”として、Asia East Region Office内にルールを熟知したメンバーが集まり、誰に何を聞いてもすぐに回答が返ってくる、あるいはRegion Office主催のクラークセミナーを通じて、ルールの知識を涵養しているというのであれば構いませんが、そうなってはいないわけです。

そもそも、3つのクラブにおいて「出陳拒否」が7回も起きた原因は、もとを質せばルールの理解不足にありました。

3つのクラブにおける4回分の「出陳拒否」は今なお、裁判で争われていますが、関係者が本当にルールを理解していれば、まず起きなかったと言えるでしょう。

「出陳拒否」には前ディレクターや前セクレタリーが絡み、エントリークラークやShow Committeeメンバーの関与もありました。

前ディレクターであったクラブオーナーや代表が深謝して解決金を支払うような「出陳拒否」が二度と起きないようにするためにも、クラークにおけるルールの知識の勉強は決して疎かにしてはならないでしょう。

特にAsia East Regionにおいては…。

※「新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-『尋問調書』から」は休みました。

« 【重要】早割申込は15日まで!「2019 TICA Yearbook」 | トップページ | TICAクラーク更新テストについて考える⑤ »