2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« TICAクラーク更新テストについて考える⑥ | トップページ | 2019 TICA Clerking Refresher Test 「Section 5」 »

2019年7月17日 (水)

TICA Online Clerking Schoolを受講してみました!

昨夜、TICA Online Clerking Schoolが開催されましたので、試しに受講してみました。

日本時間23:00~23:55の小一時間でした。

内容的には基本中の基本といったところでしたが、米国で使っているカタログやジャッジブックだったこともあり、米国ショーでの雰囲気が分かります。

今回のOnline Clerking Schoolの中身で日本のクラークのみなさん、またはクラークを目指すみなさんにとってお伝えしたいのは、クラークは2つの視点を持つ必要性があるということです。

ひとつは、ジャッジからの視点、もうひとつは出陳者からの視点であり、クラークは常にこの2つの視点を意識し、双方からの求めに応えていかねばならないという点です。

どちらに偏っても、どちらが抜け落ちても優秀なクラークとは言えないということです。

もう1点、スライドでも明記されていましたが、キャットカウントに含まれるか含まれないかの注意点の確認です。

ジャッジが全く猫に触れることができなかった場合を除き、全てのDQ、WW、POはカウントに含まれます。

TICA Online Clerking Schoolは定期的に開催されるようなので、クラークのみなさんも一度、体験されてみてはいかがでしょうか。

※「新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-『尋問調書』から」は休みました。

« TICAクラーク更新テストについて考える⑥ | トップページ | 2019 TICA Clerking Refresher Test 「Section 5」 »