2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« 那須川天心戦後の亀田興毅氏のコメントに学ぶ | トップページ | 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉓ »

2019年6月24日 (月)

新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉒

6月19日(水)からの続きになります。

原告側代理人:「これを読むとエントリーを申し込んできた後に拒否を決めたというふうに読めるんですが、違うんですか?
前セクレタリー:「いやいや、そうじゃないです。違います

一般のTICAメンバーにとっては、不思議なやり取りに映るかもしれません。

通常であれば、「出陳者がエントリーしてきた」→「さあどうしよう」となるはずですが、前セクレタリー(現Asia East Region Director)はそれを否定したわけです。

エントリーする前から、エントリーしてきたら「出陳拒否」しようと決めていたことになり、ある意味、”狙い撃ち”にしていたとも読み取れます。

しかし、そうなると、ショーコミッティーはいつ、どういう形で会議を開き、どういう理由で「出陳拒否」しようと決めたのでしょうか。

前セクレタリーの主張は、原告側から見ると不自然な変遷が多く、矛盾や疑問が次から次へと湧いてくるのです。

« 那須川天心戦後の亀田興毅氏のコメントに学ぶ | トップページ | 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉓ »