2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉒ | トップページ | 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉔ »

2019年6月25日 (火)

新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉓

原告側代理人が質問を変えて尋問を続けます。

原告側代理人:「この4月のショーについて、フライヤーに関して○○さん(アクトクラブ員)はプロテストをしたということを知っていますか?
前セクレタリー:「知っています

原告側代理人:「どうして知っているんですか?
前セクレタリー:「TICAからプロテストがかかったから、反論しなさいという文書が来ました

原告側代理人:「それは、いつ来たんですか?
前セクレタリー:「覚えていません。詳しい日にちは覚えていません

原告側代理人:「3月9日より前ですか?後ですか?
前セクレタリー:「後です

ここで出てくる「4月のショー」とは、前セクレタリー(現Asia East Region Director)が主宰するクラブの2014年4月12~13日のショーです。

前セクレタリーは、2014年3月9日の時点で「出陳拒否」すると原告側に伝えていましたから、拒否の理由がそれより後に出てきてはおかしいわけです。

原告側はショーフライヤーへの「注記」がルール違反である旨を「プロテスト」しており、原告側が「プロテスト」したことへの対抗措置として「出陳拒否」したことも考えられましたが、前セクレタリーの証言はそれを否定したことになります。

« 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉒ | トップページ | 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉔ »