2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑭ | トップページ | 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑯ »

2019年6月11日 (火)

新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑮

前セクレタリー(現Asia East Region Director)をはじめとするショーコミッティーメンバー5人が「申し立て」において次のように書きました。

私はショーコミッティーの一員として楽しく安全なショーを開催する責任があり、□□氏(アクトクラブ員)のショーエントリーを拒否しました」--。

この文章も、人権侵害につながりかねない危険さを孕んでいます。

なぜなら、アクトクラブ員の「□□氏」のエントリーを拒否しないと、あたかも「楽しく安全なショーを開催」できず、「安全なショーを開催」できにということ、裏を返せば「危険なショーを開催」することになり、それは出来ないと言っているに等しいからです。

前セクレタリーをはじめとするショーコミッティーメンバー5人は、「理由」として、「□□氏が所属するアクトキャットクラブのブログに於いて、事前の度重なる○○○メンバーやTICA会員及びTICAディレクター、セクレタリーなどに対し謂われなき誹謗中傷の書き込みを行ったためです」と書きました。

しかし、その「理由」なるものと、「私はショーコミッティーの一員として楽しく安全なショーを開催する責任があり、□□氏のショーエントリーを拒否しました」は直接的につながりません。

「謂われなき誹謗中傷の書き込み」(※裏付け事実や証拠があればの話ですが…)と、「楽しく」の部分は関係が認められると言えますが、「安全なショー」とは関係が認められないのです。

アクトクラブ員の「□□氏」がショー会場で女性出陳者を平手打ちにしたことがあるとか、審査結果に不満で「バカヤロ~!」などと大声で暴言を吐いたというなら別ですが、そうした言動は一切ないわけです。

それにもかかわらず、前セクレタリーをはじめとするショーコミッティーメンバー5人は何の根拠も示さずに、アクトクラブ員の「□□氏」を”危険人物”とみなし、「安全なショーを開催する責任があり、□□氏のショーエントリーを拒否しました」と書いたのです。

「□□氏」において、「謂われなき誹謗中傷の書き込みを行った」ことが事実であったとしても、せいぜい「私はショーコミッティーの一員として楽しいショーを開催する責任があり、□□氏のショーエントリーを拒否しました」と書く程度でしょう。

アクトクラブ員の「□□氏」を”危険人物”とみなすような表現を書くことは、悪質な印象操作であり、嫌がらせの構成要素になるであろうことをTICAメンバーはしっかり認識しておく必要があります。

« 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑭ | トップページ | 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑯ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑭ | トップページ | 新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑯ »