2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

« 「未登録猫」の問題だけではない”欺く”行為㊤ | トップページ | 「未登録猫」の問題だけではない”欺く”行為㊦ »

2019年5月 9日 (木)

「未登録猫」の問題だけではない”欺く”行為㊥

もうひとつの古くて新しい問題が、猫の”差し替え”です。

猫種やディビジョン、カラーによって、絶対に無理な場合と、やりやすい場合に分けれますが、シーズン途中で猫を”差し替え”ながら、同じ猫としてシーズンを走るというものです。

これ自体は、キャットカウントの”水増し”とはなりませんが、”欺く”行為という点では同じ部類に入ります。

特に、”差し替え”て出し続けるなど絶対に出来ない猫種においては(BGも模様と柄があるので、よほど同じ模様・柄でないと出来ません)、大きな憤りや不公平感の原因になることでしょう。

今回の「未登録猫」のエントリーに関するルール改正は、こうした問題点の解決までにはつながりません。

TICAナンバーを持つ「登録猫」として、1頭登録しておけば、いくらでも別の猫(あくまで同じ猫種、同じディビジョン・カラーでなければんりませんが…)に”差し替え”つつ審査を受け続けられるからです。

「未登録猫」のエントリーに関するルール改正が、いわゆる”欺く”行為を防ぐ目的であるなら、これで「事足れり」とするのではなく、他の対策についても色々と対策を打つ必要があるでしょう。

では、どうすればいいか--。

次回に私案/試案をご紹介します。

« 「未登録猫」の問題だけではない”欺く”行為㊤ | トップページ | 「未登録猫」の問題だけではない”欺く”行為㊦ »