2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク

« 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊸ | トップページ | 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊺ »

2019年4月19日 (金)

続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊹

前セクレタリー(現Asia East Region Director)は、リジョンサイト元管理者のプライベートを含め、長々と証言した割には、一番大切なところを証言していません。

ここで重要なのは(仮に前セクレタリーの主張に沿って重要だとしてということですが…)、なぜ、リジョンサイト元管理者が「心変わり」して、「ちょっと気が狂ったように今度はTICAを批判」した」のかという点です。

しかし、前セクレタリーは、この一番重要な点に関し、「実は心変わりしたのがなぜかはわかりません」と証言しているわけです。

リジョンサイト元管理者が「心変わり」したのが、私やアクトクラブ員のせいであったというのであれば、分からないでもありませんが、そうではないわけです。

「心変わり」したのが、アクトのブログのせいだというのであれば、主張としてはそれなりに成り立つかもしれませんが、そうでもないのです。

仮に、アクトのブログのせいで「心変わり」したとしても、アクトのブログで私が何か煽動的なことを書いていたというのであれば、それはそれで話は別でしょうが、そうでもないわけです。

そうして考えれば、リジョンサイト元管理者の話を持ち出す必然性は全くなく、単に元管理者に対する根拠なき”誹謗中傷”まがいの証言を法廷の記録として残しただけとしか思えません。

« 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊸ | トップページ | 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊺ »

無料ブログはココログ