2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊱ | トップページ | 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊳ »

2019年4月12日 (金)

続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊲

原告側代理人:「その触発されて誰かが乱入したというのは、その触発された人の責任であって、ACCのブログに責任はないんじゃないですか?
前セクレタリー:「ちょっと言っていいですか

原告側代理人:「よくないですけど。ないんじゃないですか?
前セクレタリー:「あります

「三段論法」と言っていいのかどうか分かりませんが、前セクレタリー(現Asia East Region Director)の言いたいことは次のようになるかと思います。

①私がアクトのブログを書いた
 ↓
②それを読んだ人がいて”触発”され、ショーに”乱入”した
 ↓
③ショー自体が危ぶまれる

こうした”論法”が社会一般に通用するかというと、私は全くそうは思いませんが、もしかすると、前セクレタリーが主宰するクラブでは通用するのかもしれません。

前セクレタリーは、アクトのブログを読んだ人が“触発”されてショーに”乱入”したかのような主張をしますが、そもそもショーの見学に行った人はいましたが、”乱入”した人はいませんでした。

仮に、前セクレタリーが主張するようにショーに”乱入”した人がいたとして、その人がアクトのどのブログのどの記述に”触発”されたというのか、前セクレタリーは主張していませんし、”乱入”したとされる人自身も、生前、具体的な言及をしていません。

「ショー自体が危ぶまれる」とも言いますが、具体的に何がどういう状態に陥ることであるのか、まるで分かりません。

裁判所が前セクレタリーのこうした主張にどのような判断を示すのか、注目したいと思います。

« 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊱ | トップページ | 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊳ »