2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊶ | トップページ | 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊸ »

2019年4月17日 (水)

続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊷

原告側代理人:「どう関係ありますか?
セクレタリー:「その乱入者というのは、事前にうちのクラブ員だったんです

本当によくやってくれた男なんですけれども、1度家内に自分、精神的にちょっと病があるんですよという話を話してくれました

とてもいい奥さんもいたんですけど、結局それが原因かどうか知りませんが、別れました

その後、12月、僕はその乱入者、Yさんというんですけど、Y君にちょっと僕のリジョンのホームページ手伝ってよという話で手伝ってもらったんです

初めは、ものすごく良く手伝ってくれたし、アクトのブログに関してもけしからんと、こんなのがいるんかというコメントだったんです

それから、実は心変わりしたのがなぜかはわかりませんが、1月末にちょっと気が狂ったように今度はTICAを批判しました

まず驚くのが、法廷でよくこれだけ亡くなられたTICAメンバーのことをペラペラと話したということです。

存命であれば、前セクレタリーがどれだけ事実と異なることを証言しようが、釈明や弁明の機会は与えられますが、亡くなってしまった以上、前セクレタリーの証言があたかも事実であったかのようになってしまいます。

この見学者が、前セクレタリーの主張するように”乱入”したのかどうか、という点もそうしたことのひとつです。

彼が存命であれば、「乱入などしていません。ショー会場に入るなり、ちゃんと受付に立ち寄り、『見学です』と断りを入れました」と反論したでしょうがなっては、前セクレタリーの「乱入者が乱入した」という主張だけが独り歩きしています。

TICAのBoard Memeberとしての自覚が少しでもあれば、亡くなられたTICAメンバーのことを、かつての自分のクラブ員のことを、こんな形で法廷で話さないのではないでしょうか。

« 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊶ | トップページ | 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㊸ »