2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

« 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑤ | トップページ | 4月28日アクトショー、Dr.Elsey'sが協賛!! »

2019年3月 8日 (金)

続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑥

原告側代理人:「自粛要請の後に○○さん(アクトクラブ員)と屋和田さんが出陳したショー
                       というものがありますね

前セクレタリー:「
はい

原告側代理人:「
自粛要請で自粛に賛成した人のショーにも出していることを知っています
                       ね

前セクレタリー:「自粛を賛成したショー・・・知っています

原告側代理人:「
知っていますね
前セクレタリー:「知っています

原告側代理人:「
そのショーで何か○○さん(アクトクラブ員)や屋和田さんは抗議をしたり
                       したんでしょうか

前セクレタリー:「していないと思います

原告側代理人:「
ショーに対して何か有害なことをしたんでしょうか
前セクレタリー:「していないと思います

前セクレタリー(現Asia East Region Director)は、東京地裁の本人尋問でこう証言しました。

ここで出てくる「自粛要請」とは、アクトに対する1年間(2013年5月~2014年4月)の活動自粛要請を指します。

私やアクトクラブ員が、過去のショーにおいて、出陳者としてあるまじき言動を何かしたというのなら、「またしでかすかもしれない…」っても自然な感情かと思いますが、前セクレタリーが法廷で証言しているように、何もしていないわけです。

確かに、元アジディレクターが日本の全クラブ代表・全ジャッジを対象に実施した「意識調査」なるものでは、アクトの「活動自粛」に賛成した人も多くいました。

しかし、そうしたクラブ代表・ジャッジであっても、「出陳拒否」という”強硬手段”に出ることはありませんでした。

それは、私やアクトクラブ員が、過去のショーにおいて、出陳者としてあるまじき言動をしたことがない、するはずがないと思っていたからに他なりません。

では、どうして3つのクラブにおいてだけ「出陳拒否」という事態が起きたのか?

そこにこそ、一連の「出陳拒否」問題を解くカギがあるのではないでしょうか。

« 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑤ | トップページ | 4月28日アクトショー、Dr.Elsey'sが協賛!! »

トラックバック

« 続・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑤ | トップページ | 4月28日アクトショー、Dr.Elsey'sが協賛!! »