2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« 続・第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今も続く執拗なアクト”叩き”(14) | トップページ | 続・第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今も続く執拗なアクト”叩き”(16) »

2019年2月28日 (木)

続・第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今も続く執拗なアクト”叩き”(15)

「○○○○(被告側エントリークラークが所属していたクラブ)においては毎年50人弱の出陳者がいたものであるが、出陳拒否した翌年の○○○○のキャットショーにおいては、出陳者を募ったところ、原告らが出陳するのかと尋ねられることが多くなり、出陳すると回答したところ、それなら出陳しないという人が多く、出陳者が30人台に留まってしまった」−−。

被告側エントリークラークはこれに続けて、次のようにも主張しました。

それだけ、原告らはクレームを述べるなどしてショーの運営に支障が生ずる可能性があると考えられていた」−−。

しかし、仮に前段の「原告らが出陳するのかと尋ねられることが多くなり、出陳すると回答したところ、それなら出陳しないという人が多く、出陳者が30人台に留まってしまった」という主張が事実であったとしても、それだけで「原告らはクレームを述べるなどしてショーの運営に支障が生ずる可能性があると考えられていた」根拠になり得ないことは、ちょっとキャットショーに出たことのある人なら明らかでしょう。

なぜなら、同じ猫種でものすごく強い猫がいて、どうにも太刀打ちできないような場合、「あの猫が出てくるならやめておくわ…」ということが往々にしてあるからです。

被告側エントリークラークの主張は、「原告らが出陳するのかと尋ねられることが多くなり、出陳すると回答したところ、それなら出陳しないという人が多く…」というものですが、なぜ、原告らが出陳すると「それなら出陳しない」のか、理由が書いていません。

つまり、アクトクラブ員のベンガル猫が出てくると、勝てない(あるいはファイナルに残れない)から、「それなら出陳しない」という人がいないとは言えないというわけです。

もちろん、被告側エントリークラークが、「それなら出陳しない」という人ひとりひとりに具体的な理由を尋ね、その理由が私やアクトクラブ員が「クレームを述べるなどしてショーの運営に支障が生ずる可能性があるからです」と答えた証拠があるというなら別です。

ですが、被告側エントリークラークはそうした裏付け証拠を現時点では何ひとつ提出していません。

どうしてこうした”杜撰”で"いい加減”とも思える主張の組み立てができるのか、私には不思議でなりません。

« 続・第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今も続く執拗なアクト”叩き”(14) | トップページ | 続・第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今も続く執拗なアクト”叩き”(16) »

トラックバック

« 続・第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今も続く執拗なアクト”叩き”(14) | トップページ | 続・第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今も続く執拗なアクト”叩き”(16) »