2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 前セクレタリー+77人「プロテスト」訴訟、最高裁が上告を棄却 | トップページ | 前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑪ »

2019年1月26日 (土)

前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑩

原告側代理人:「乱入者が来たというのは、それはブログのせいなんですか
前セクレタリー:「
ブログのせいです

原告側代理人:「
どういうふうにブログのせいなんでしょうか
前セクレタリー:「
それは、言うとすごく長くなっちゃうな

原告側代理人:「いや、簡単に言っていただけますか
前セクレタリー:「
ですから、ブログのせいです

東京地裁の本人尋問での前セクレタリー(現Asia East Region Director)と原告側代理人のやり取りは上記のようなものでしたから、実際のところ前セクレタリーの主張にとどまり、主張を裏付ける根拠は何ひとつ示されませんでした。

私にしてみれば、私の書いたブログのせいにする“責任転嫁”に他ならず、引いては私に”濡れ衣を着せる”ような証言と思わざるを得ません。

そもそも、見学者が訪れただけのことで、”乱入者”が居たわけでも、見学者以外の人物が”乱入”した事実もないわけですから、ブログのせいで”乱入者”が来たことを裏付ける証拠などあるはずがないのです。

すでに述べましたが、見学者を”乱入者”に”仕立て上げた”ものであり、もししっかり裁判で審理するなら、見学者が本当に“乱入者”と言えるのか、というところからはっきりさせなくてはならないでしょう。

改めて強調しておきますが、私はこのブログにおいて、「TICAのショーに乱入しましょう」とも、「妨害しましょう」とも、「阻止しましょう」とも書いた事実は一切ありません。

もし、前セクレタリーが執拗にこうした主張を続けるのであれば、法廷外においてでも構いませんから、私のブログのせいで”乱入者”がショーに来たという裏付け証拠を示し、立証して頂きたいと思います。

« 前セクレタリー+77人「プロテスト」訴訟、最高裁が上告を棄却 | トップページ | 前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑪ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑩:

« 前セクレタリー+77人「プロテスト」訴訟、最高裁が上告を棄却 | トップページ | 前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から⑪ »