2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

« 第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(19) | トップページ | 第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(21) »

2019年1月 5日 (土)

第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(20)

(2013年4月29日の)ショーにおいて原告○○(アクトクラブ員)がショーマネージャーを務めていたことに鑑みれば、同人による出陳申込みについて(中略)ショールール23.6.5に該当することは明らか」--。

第3のクラブの被告側エントリークラークは東京地裁に提出した被告「準備書面」でこんな主張もしました。

ショーマネージャーを務めていたアクトクラブ員において、どのような責任があったのかについては、「スプレンダーを世界1位にするために制度を悪用し、到底フェアとは言えない方法で開催」したという被告側エントリークラークの主張を前提としているようです。

しかし、ここまで見てきたように、アクトクラブ員がTICAの「制度を悪用し」たという主張は立証されておらず、「到底フェアとは言えない方法で開催」したということも立証されていません。(そもそもそんな事実はなく、濡れ衣であるというのが原告側の主張です…)

ここで百歩譲って被告側エントリークラークの主張が正しかったとしても、被告側エントリークラークの「23.6.5に該当することは明らか」という主張は全く理解できません。

なぜなら、TICAのShow Rule 23.6.5は出陳者のエントリー資格を規定した第3条におけるルールであって、23.6.5自体も出陳者としての過去の言動を対象としているからです。

一般的な社会常識から言っても、仮にショーマネージャーとして何らかの問題があって、何らかの責任が生じたのであれば、ショーマネージャーとして責任が問われるのであって、出陳者として責任を負わせることなど考えられません。

それを敢えて出陳者として責任を負わせたのですから、被告側エントリークラークの言葉を借りれば、被告側エントリークラークこそ、TICAのShow Rule 23.6.5を”悪用”し、到底フェアとは言えない方法で何の罪もない出陳者を”排除”したとしか私には思えないのです。

« 第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(19) | トップページ | 第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(21) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292143/74884672

この記事へのトラックバック一覧です: 第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(20) :

« 第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(19) | トップページ | 第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(21) »