2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« TICA Asia East、「未来志向」への挑戦(3) | トップページ | 第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(20) »

2019年1月 4日 (金)

第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(19)

ACC4月ショーは、原告○○(アクトクラブ員)が所有するスプレンダーを世界1位にするために、制度を悪用し、到底フェアとは言えない方法で開催された」--。

第3のクラブの被告側エントリークラークは東京地裁に提出した被告「準備書面」でこう主張しました。

しかし、被告側エントリークラークは、原告のアクトクラブ員がTICAのどの「制度」を、いかにして「悪用」したのか…。

そして仮に被告側エントリークラークの主張どおり「悪用」したにしても、それがスプレンダーを世界1位にするためであったとどうして言えるのか…については、疑いを差し挟む余地のない根拠を示して立証していません。

2013年4月29日のアクトショーが「到底フェアとは言えない方法で開催された」とも執拗に主張し続けていますが、どうして「到底フェアとは言えない方法」だと言えるのかについて、被告側エントリークラークは合理的な根拠もその裏付けも示していません。

被告側エントリークラークは、単純に「フェアとは言えない方法で開催された」と主張するのではなく、「到底」という、打ち消しを強調する副詞を使って主張していますから、立証に関しては余程の自信があるように見て取れます。

ですが、何を以て「フェア」といい、何を以て「フェアとは言えない」といえるのか、さらになぜ、それが単に「フェアとは言えない」ではなく、「到底フェアとは言えない」となるのかについて、被告側エントリークラークは今なお十分な説明を尽くしていません。

合理的な根拠や裏付けを示さず批判だけするのは”誹謗中傷”と変わらず、それを司法の場とは言え執拗に続けるのは私に対する”嫌がらせ”やアクト”叩き”以外の何ものでもないと私には映ります。

2013年4月29日のアクトショーに対し、「制度を悪用し、到底フェアとは言えない方法で開催された」と主張することは、私やアクトを陥れたいという被告側エントリークラークの意向の表れとしか思えないのです。

こんな主張がまかり通るなら、何を以て「フェアなショー」と言えるのか分かりませんし、ルールに則ってショーを開催しても、「到底フェアとは言えない」と後ろ指さされることになり、TICAのためにならないばかりか、キャットショー業界の“否定”につながりかねません。

2013年4月29日のアクトショーから5年以上経つ今なお、こうした主張をし続けるところに、私は怖ろしさと共に言いしれぬ不安を覚えます。

« TICA Asia East、「未来志向」への挑戦(3) | トップページ | 第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(20) »

トラックバック

« TICA Asia East、「未来志向」への挑戦(3) | トップページ | 第3のクラブ「出陳拒否」裁判、今なお続く執拗なアクト”叩き”(20) »