2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« TICA秘密会議の結果を”漏洩”したのは誰か?① | トップページ | TICA秘密会議の結果を”漏洩”したのは誰か?③ »

2018年11月24日 (土)

TICA秘密会議の結果を”漏洩”したのは誰か?②

昨日お示しした時系列の表を見ると、被告側エントリークラークの主張が嘘でなければ、非公開会議(秘密会議)の結果を知ったのは5月16~24日の間ということになります。

しかし、「プロテスト」の審議は非公開会議(秘密会議)で行われましたから、一般メンバーがリアルタイムで結果を知ることは決してできません。

それは「プロテスト」を申し立てた側、申し立てられた側の当事者も同じであり、少なくとも申し立てられた側に対するTICA法律顧問からの通知は6月3日付ですから、被告側エントリークラークはそれよりずっと前に結果を知っていたことになります。

被告側エントリークラークはTICAのBoard MemberでもDirectorでもないわけですから、普通に考えれば「議事録」がアップされるまで(あるいは当事者から聞くまで)結果を知ることはできません。

もちろん、理屈だけで考えれば非公開会議(秘密会議)の電子会議に不正アクセスした可能性も否定できませんが、さすがにそこまでする人はいないでしょう。

つまり、非公開会議(秘密会議)に参加していたBoard Memberらの誰かが”情報漏洩”したとしか考えられないのです。

【2014年当時の時系列の状況(再掲)】

3月14日 元アジアディレクターら3人が連名で、TICA会長とTICA法律顧問宛に23.6及び
       23.6.5により、原告らの猫の出陳を拒否できるか質問

  同日 TICA法律顧問から返信:「私はこれについて少し考える必要があります。ご存知
             のように、次回の会議にはすでに3件のプロテストがあります。これらは一緒に決
             定する必要があります」

5月16-17日 TICA Spring Board Meeting 開催(電子会議)

  16日 決議10~12において,、前アジアディレクターがオーナーのクラブなどの「出陳
      拒否」を巡る「プロテスト」が「No Action」になる

5月19日 原告△△(一般出陳者)が第3のクラブに出陳を申し込み

5月23日 原告○○(アクトクラブ員)が第3のクラブに出陳を申し込み

5月24日 被告側エントリークラークが内容証明郵便で原告△△に「出陳拒否」を通知

5月26日 被告側エントリークラークが内容証明郵便で原告○○に「出陳拒否」を通知

6月  1日 第3のクラブがショーを開催(原告○○と原告△△は出陳できず)

6月  3日 TICA法律顧問が「プロテスト」の結果を当事者にメールで通知

6月  3日 TICAがHPで、Spring Board Meetingの「議事録」を公表

« TICA秘密会議の結果を”漏洩”したのは誰か?① | トップページ | TICA秘密会議の結果を”漏洩”したのは誰か?③ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TICA秘密会議の結果を”漏洩”したのは誰か?②:

« TICA秘密会議の結果を”漏洩”したのは誰か?① | トップページ | TICA秘密会議の結果を”漏洩”したのは誰か?③ »