2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

« 10月15日(月)、東京地裁で前セクレタリーらの本人尋問 | トップページ | TICAプロテスト、最高裁で何が争われるのか?② »

2018年10月 5日 (金)

TICAプロテスト、最高裁で何が争われるのか?①

前セクレタリーと77人(注1)の「共同申立人」が、私とアクトクラブ員に対してTICA会員資格の剝奪やアクトの公認取り消しを求めた「プロテスト」を巡る裁判は最高裁へとその舞台を移しました。

私たち上告人(原告側)は9月18日、最高裁判所に「上告理由書」と「上告受理申立理由書」を提出しました。(※その後、私とアクトクラブ員はそれぞれ「陳述書」も提出しました)

東京地方裁判所、東京高等裁判所と争われてきたわけですが、最高裁では何が争点となるのか、まずは「上告理由書」をもとに分かりやすく解説していきたいと思います。

私たち上告人(原告側)は、①一審・二審において審理が尽くされていない(=審理不尽)、②一審・二審の判決で、その根拠や理由に不備がある(=理由不備)の2点で問題があると考えています。

裁判の基本中の基本は、証拠に基づいてしっかり審理したうえで、判決の理由や根拠を示すことにあります。

私たち上告人(原告側)としては、「審理不尽」と「理由不備」によって、一審・二審で間違った判決が導かれていると考えており、この点を最高裁で主張することにしたというわけです。

では、今回の上告審で何が一番大きな争点なのでしょうか。

それは、「プロテスト」の申し立てに問題があるかどうか(=不法行為があるかどうか)という一点に尽きるでしょう。

では、何をどうすると「プロテスト」の申し立てにおいて問題がある(=不法行為がある)と言うことになるのでしょうか。

次回以降、その点を中心に具体的に考えていきたいと思います。

注1)プロテストの「共同申立人」名簿は89人となっていますが、うち12人は原告側代理人による調査で、「共同申立人」になることに同意していないことが判明したため、77人としています。

« 10月15日(月)、東京地裁で前セクレタリーらの本人尋問 | トップページ | TICAプロテスト、最高裁で何が争われるのか?② »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292143/74314867

この記事へのトラックバック一覧です: TICAプロテスト、最高裁で何が争われるのか?①:

« 10月15日(月)、東京地裁で前セクレタリーらの本人尋問 | トップページ | TICAプロテスト、最高裁で何が争われるのか?② »