2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« ”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な「会議」の案内(23) | トップページ | 【重要】TICA AE Regionサイトで重大な誤り② »

2018年7月 2日 (月)

【重要】TICA AE Regionサイトで重大な誤り①

TICA Asia East Regionの公式サイトにおいて、TICAのルール説明に重大な誤りがありますので指摘しておきます。

【○○ディレクターより、お知らせ】で、前セクレタリー(現Director)は29.3.4の説明として以下のように記載していました。

×:「ノンアイソレーテッド地区ではオルターネイティブフォーマットショーに於いては
同じ週末に1人のジャッジが2回以上審査できない」--。

しかし、TICAのルールの原文にはそんなことは書いてありません。

それでも敢えて、前セクレタリーの文章に沿ってかなり意訳した翻訳を訂正するなら、正しくは以下のようになります。

:「ノンアイソレーテッド地区ではオルターネイティブフォーマットショーに於いては
同じ週末に1人のジャッジが3回以上審査できない」--。

もし、前セクレタリーが書いたことが正しいなら、1回しか審査できないことになり、日本のショーは大半がルール違反となって、”世界中を震撼させる”ことになっていたでしょう。

しかし、TICAのルールには「2回以上審査できない」などとは全く書いてないのです。

原文は以下のようになっています。

29.3.4 In non-isolated areas a judge may not judge more than two Alternative Format shows on the same weekend, except in cases of emergency whereby a contracted judge has canceled and a new (i.e. different) judge cannot be contracted. (See 22.3.)

当該部分を正確に訳せば、「同じ週末において、2つを超えるオルタネイティブショー(注1)で審査することはできない」となります。

言い換えれば、最大でも2回のオルタネイティブショーでしか審査できず、翌日のオルタネイティブショーは(3回目、4回目の)審査をすることはできないと書いてあるのです。

従って、今回のInterim(臨時) Board Meetingの決議で、日本のようなノンアイソレイテッド地区において、同じ週末のオルタネイティブショーで「1人のジャッジが2回以上審査できない」けれど、例外的に認められたのではありません。

同じ週末に4回のオルタネイティブショーを開催済み(あるいは計画)の4つのショーについて、両日のオルタネイティブショーで同じジャッジが2回を超えて(=3回)審査することを例外的に認めることを決議したことになります。

注1)オルタネイティブショーは「午前」のショー、「午後」のショーというように、1日=2回のショーを開催する形式(フォーマット)です。

つまり、土曜日にオルタネイティブファーマットのショーを開くということは2回のショーを開くということになり、もし土・日の両日ともオルタネイティブショーを開くとすると、合計4回のショーを開くことになるのです。

※「”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な『会議』の案内」は休みました。

« ”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な「会議」の案内(23) | トップページ | 【重要】TICA AE Regionサイトで重大な誤り② »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【重要】TICA AE Regionサイトで重大な誤り①:

« ”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な「会議」の案内(23) | トップページ | 【重要】TICA AE Regionサイトで重大な誤り② »

無料ブログはココログ