2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« ”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な「会議」の案内(21) | トップページ | フィギュアスケートとキャットショーの共通点 »

2018年6月23日 (土)

トランプ政権下の米国と同じ風景が広がるTICA Asia

米国に住む日本人の体験談で、こんな話が経済誌に載っていました。

その人はお店のレジに並んでいたそうです。

彼が何番目かは分かりませんが、彼の後ろにも10人ぐらい並んでいたとのこと。

そうしたら、急に白人の”おっさん”が平気な顔して割り込んできたそうです。

この日本人が英語で「おい割り込むなよ」と文句を言ったら、白人の”おっさん”は怒鳴って言い返してきました。

「It’s my country, yellow man like you, get out of here!!」--。

「It’s my country」=「ここは俺の国だ」とでもなるかと思います。

つまり、「ここは俺たち白人の国であって、お前らは出ていけ」というわけです。

TICA Asia(今シーズンからTICA Asia East Region)で吹き荒れている”嵐”も全く同じだと妙に頷いてしまったのは私だけでしょうか。

「It’s my CLUB!」だと言って、気に入らないクラブ員を「お辞めになって」と言って追い出そうとする。

「It’s my TICAAsia!」と言って、意に沿わなかったり、耳障りな進言をするメンバーを排除しようとする。

米国に住む日本人によれば、「It’s my country」と言って憚らない「この種のオジサンたちが」、トランプ政権になって「最近わらわらと街に出てきた」と言います。

そして、「何のことはない、彼らインテリのふりをしていた白人のおっさん・おばさん達の中に、トランプと同じ主義主張の人たちがたくさんいたのです」「これだけ『隠れトランプ支持者』がいたのか、と思うと少々恐ろしい」と書いていました。

私に映るTICA AE Regionもやはり全く同じです。

自分は中立の立場を装い、良識と常識あるようなふりをしていながら、”隠れ「出陳拒否」支持者”がたくさんいたのです。

TICA AE Regionにあって「It’s my TICA Asia!」を地で行く人たちが組織の”要職”に就き、TICA Asiaにおいてもトランプ政権下の米国と同じ、「少々恐ろしい」現象が起き、しかもそれが”常態化”していることは言うまでもありません。

この日本人が米国で見抜いた”現実”はある意味、そのままTICA Asiaにも通じるでしょう。

「恐らくわれわれ有色人種の前では『差別なんてしないわよ~』と振る舞っていても本音は全く別で、投票するときには『トランプ』とマークしていた人々と言っていいかもしれません」--。

※「”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な『会議』の案内」は休みました。

« ”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な「会議」の案内(21) | トップページ | フィギュアスケートとキャットショーの共通点 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランプ政権下の米国と同じ風景が広がるTICA Asia:

« ”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な「会議」の案内(21) | トップページ | フィギュアスケートとキャットショーの共通点 »

無料ブログはココログ