2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

« 【重要】Show Rule 29.3.4違反問題の深刻さ② | トップページ | ”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な「会議」の案内(23) »

2018年6月30日 (土)

【重要】Show Rule 29.3.4違反問題の深刻さ③

★重要★今シーズンのTICAメンバーの更新をまだ済ませていない方へ

TICAメンバーの更新は今日中に!!!(※米国現地時間6月30日までですから、日本時間明日朝までなら大丈夫です)
      
メンバーシップ投票権を得るためには今日中に更新する必要があります。

=====================================
昨日の続きです。

さて、前々シーズン(2016~17年度)はどうだったでしょうか。

調べてみると、3つのクラブが7つのショーでShow Rule 29.3.4違反を犯していました。

この3つのクラブは前シーズン(2017~18年度)でも違反を繰り返していましたから、ある意味、”常習犯”的であったと疑われても仕方ないかもしれません。

ただ、それ以上に問題なのはやはり、一部の特定のJudgeがShow Rule 29.3.4に違反して審査を繰り返していたことです。

昨日同様、Judge別に違反審査回数を並べると、以下のようになります。

A Judge=6回
B Judge=3回
C Judge=3回
D Judge=2回
E Judge=2回
F Judge=1回
G Judge=1回


7つのショーのうち6つのショーで違反して審査していたJudgeが同じであり、このJudgeは前シーズン(2017~18年度)も11回のうち8回のショーで違反審査していた事実です。

どうしてこれだけ一部の特定のJudgeに違反が集中するのでしょうか--。

理由はひとつやふたつではないかもしれませんが、ひとつだけ言えることは、このJudgeがルールを知っていさえすれば、ジャッジの依頼を受けた時点で、「Show Rule 29.3.4に違反するので3回は引き受けられません」と言って断れたということです。

そして、こうした事が全Judgeの間で幅広く(皮肉的な言い方ですが、公平・平等に…)行われていたのであれば、Award/Title Pointへの影響も最小限に抑えられたことでしょう。

しかし、一部の特定のJudgeに集中するとなると、このJudgeから高い評価を受けていた猫は圧倒的に有利になり、Award Rankingを歪める要因になったことは疑う余地がありません。

残念なことに、この一部の特定のJudgeがTICABoard Member、Director経験者であったということです。

ルールに精通していないトップが率いる組織にComplianceが根付き、浸透するはずがないのです。

※「”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な『会議』の案内」は休みました。

« 【重要】Show Rule 29.3.4違反問題の深刻さ② | トップページ | ”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な「会議」の案内(23) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【重要】Show Rule 29.3.4違反問題の深刻さ③:

« 【重要】Show Rule 29.3.4違反問題の深刻さ② | トップページ | ”社会常識”に欠けるとしか思えない”奇妙”な「会議」の案内(23) »

無料ブログはココログ