2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

« スルガ銀行「不正融資」と同じ構造問題 | トップページ | 「IW」のScoring方法について考える(5) »

2018年5月28日 (月)

「プロテスト」裁判、明日東京高裁第1回期日

前セクレタリー(現Asia Director」と77人の「共同申立人」による「プロテスト」を巡る東京高等裁判所での第1回期日が明日、東京高裁424号法廷で開かれます。

高裁での審理の手続きがどうなるかは明日、出廷してみないと分かりませんが、前アジアディレクターがオーナーのクラブにおける「出陳拒否」裁判の控訴審では、その場で裁判長より和解の可能性について言及があり、すぐ別室に移って交渉が始まりました。

ただ、それは1審の東京地裁において、和解を探る話し合いがあったためと見られており、今回はそうした動きはなかったので、高裁で和解の道を探ることはないのではないかと思っています。

控訴人側はすでに「控訴理由書」と追加の「証拠」、さらに「陳述書」を提出する見通しであり、被控訴人側は「答弁書」と追加の「証拠」を提出済みです。

高裁の審理は早いですから、早ければ夏前に決着が付くかと思います。

※「『IW』のScoring方法について考える」は休みました。

« スルガ銀行「不正融資」と同じ構造問題 | トップページ | 「IW」のScoring方法について考える(5) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プロテスト」裁判、明日東京高裁第1回期日:

« スルガ銀行「不正融資」と同じ構造問題 | トップページ | 「IW」のScoring方法について考える(5) »

無料ブログはココログ