2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

« 「NIKE」だったら、即刻”電撃退任”のはず… | トップページ | TICA Asia Region Siteの”私物化”は許されない!(13) »

2018年3月18日 (日)

TICA Asia Region Siteの”私物化”は許されない!(12)

昨年冬の出来事になりますが、アクトでは昨年11月26日にも勉強会を開きました。

その時、前セクレタリー(現Asia Director)から勉強会の場所等について問い合わせを受けました。

アクトでは「アクト勉強会の案内(案)」をPDFファイルで前セクレタリー(現Asia Director)に送り、その中で「場所」については「勉強会の妨害や悪質な嫌がらせを未然に防止するため、参加ご希望の方にだけお伝え致します」と書きました。

なぜなら、その直前に中央区立産業会館のアクトのショーの会場予約状況が第三者に”漏洩”するという問題が発生していたからです。

中央区立産業会館の職員が”漏洩”したのか、前セクレタリー(現Asia Director)が”盗み見た”のか定かではありませんでしたが、中央区立産業開館の指定管理業者の代表取締役社長からは事実経緯について以下の手紙を受け取りました。

「弊社職員が受付窓口で展示場の予約受付台帳を開いているところを、○○氏(前セクレタリー)が覗き込んで予約状況を確認した」--。

どの団体がどこで何時からどんな催し物を予定しているかは保護すべき重要情報であるにもかかわらず、施設側は管理が甘く、その甘さを突いて「覗き込んで」見た人物がTICA Board MemeberのAsia Directorであったという事実は重いと言わざるを得ません。

常識ある社会人であれば、そこに何かあったとしても、「
覗き込んで」見ていいか、悪いかぐらい判断は付きそうなものですが、TICA Board MemeberでもあるAsia Directorはその判断が付かなかったと思わざるを得ません。

ちなみに同社の代表取締役社長からは「お詫びと再発防止について」の中で、以下のような言葉を頂きました。

第三者から見られる可能性のある状況で、弊社職員が予約受付台帳を記帳していたということについては事実であり、このことは施設をご利用される方々の個人情報を保護すべき立場からしましても、本来あってはならないことであります

結果的にご迷惑をおかけしましたことにつきまして心底からお詫び申し上げます」--。

« 「NIKE」だったら、即刻”電撃退任”のはず… | トップページ | TICA Asia Region Siteの”私物化”は許されない!(13) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292143/73110685

この記事へのトラックバック一覧です: TICA Asia Region Siteの”私物化”は許されない!(12) :

« 「NIKE」だったら、即刻”電撃退任”のはず… | トップページ | TICA Asia Region Siteの”私物化”は許されない!(13) »