2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(8) | トップページ | カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(10) »

2018年2月11日 (日)

カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(9)

こうして見てくると、結局のところ前アジアディレクターであったクラブオーナーをはじめとする被告側4人は「出陳拒否」したことを”謝罪”する気など更々ないと思わざるを得ません。

東京高等裁判所で「和解」に応じることも、「深謝する」としたことも、解決金を支払ったことも(前アジアディレクターと当時のクラブ代表の2人)、何の造作もないことだったのでしょう。

そう考えれば、2014年10月Asia Regional Showの「出陳拒否」を巡る裁判で、全く同じ主張を繰り返しながら、今なお真っ向から争う姿勢を示している理由も理解できます。

そして、そう考えれば、ショーカタログの「ごあいさつ」に書いてあった、「皆様には引き続きお力を貸していただきたいと思っています」のくだりも腑に落ちるというものです。

こうした言動の背景に根強くあるのは、依然として裁判を起こす方が悪いという”裁判悪玉論”であり、裁判を起こすような”悪い奴ら”を懲らしめるためにも、、「皆様には引き続きお力を貸していただきたい」と思っていると読み取れないわけではないのす。

しかし、もしそうした考え方が背景にあり、多くのメンバーの共感を得ているなら、それは極めて特異な組織風土であり、世間の常識と良識とかなり乖離していると言えるでしょう。

そのことを多くのTICAアジアメンバーと出陳者が”自覚”しない限り、組織風土が改まることはあり得ません。

« カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(8) | トップページ | カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(10) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292143/72867392

この記事へのトラックバック一覧です: カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(9) :

« カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(8) | トップページ | カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(10) »