2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(2) | トップページ | ショーは「誰のもの?」 「我々は考え直し、正す時期に来ている」 »

2018年2月 1日 (木)

カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(3)

「もう少し時間がかかる」と言った場合、その「もう少し」がどのくらいかについては個人差があるかと思います。

前アジアディレクターであったクラブオーナー兼代表は、2014年10月のAsia Regional Showの「出陳拒否」裁判について、「もう少し時間がかかりますが…」とショーカタログの「ごあいさつ」で書いたわけですが、正直、「まだまだかかる」という方が正確だと思います。

というのも、この裁判の第二回期日は昨日開かれ、被告側が主張する次の第三回期日は4月中旬の預手になっているからです。

その後、今度は原告側が主張することになりますから、それだけでも夏場にかかって来るでしょう。

そうして考えれば、裁判が終わるのは、早くて年内、場合によっては2019年明けになることも考えられるだけに、どうして「もう少し」と言えるのか理解に苦しみます。

しかも、それもこれも、被告側3人(クラブオーナー、当時の代表、エントリークラーク)が、アクトの2013年4月29日ショーで不正があったと言い張り、そのために「出陳拒否」をしたと主張し続けているからに他なりません。

前アジアディレクターがオーナーのクラブにあっては、すでに3回のショーの「出陳拒否」について、アクト4月29日ショーの不正なり、ルール違反を立証できなかったからこそ、最終的に「深謝」し、解決金を支払うことになったのではないでしょうか。

2014年10月のAsia Regional Showでの「出陳拒否」裁判でも、「和解」した3回のショーの「出陳拒否」裁判と同じ主張を被告側が繰り返すなら、「もう少しかかる…」で終わるはずがないのです。

« カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(2) | トップページ | ショーは「誰のもの?」 「我々は考え直し、正す時期に来ている」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292143/72821551

この記事へのトラックバック一覧です: カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(3) :

« カタログ「ごあいさつ」の余りに身勝手な”詭弁”に唖然…(2) | トップページ | ショーは「誰のもの?」 「我々は考え直し、正す時期に来ている」 »