2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« TICA Board Memberとしての「自覚」「資格」「資質」を問う(15) | トップページ | TICA Board Memberとしての「自覚」「資格」「資質」を問う(17) »

2018年1月20日 (土)

TICA Board Memberとしての「自覚」「資格」「資質」を問う(16)

2週間かかったとしても、「訂正」しないよりは「訂正」した方がいいに決まっていますが、それにしても…。

2018/1/18  ・アジアリジョンディレクターより訂正」を読んで、そんな思いがよぎったのは私だけでしょうか。

この中でAsia Directorは、「ミス」が起きた原因について、「議題の採決に至る私の記入ミスでした」と記載しましたが、私にはこれが日本語の文章として理解できないのです。

Asia Directorとしては、とにかく単なる「記入ミス」であったことを主張したいようですが、「議題の採決に至る」の部分が付いているため、原因がどこにあり、どうしてそれが「記入ミス」と言えるのかが判然としなくなってしまいました。

さらに言えば、この文章からは、いわゆる「ミス」ではなく、「記入ミス」であったことを強調したい意図が読み取れます。

つまり、この「議案」については良く理解し、「議事録」に書いてあった「決議」も原文通りに正確に解釈していたけれど、「記入」(※正確には「記載」ではないかと思いますが…)する際に「ミス」をしたものであると言いたいのではないかということです。

平たく言えば、「書き間違えました…」ということのようですが、果たして本当にそうでしょうか。

アクトのブログでも誤字・脱字があり、みなさまからご指摘を受けることも多いのですが、TICAアジアのブリーダー、出陳者に極めて重大な影響を及ぼすルール改正の結果を真逆に”発表”することが、単なる「記入ミス」であるとは、どう考えても理解できないのです。

私には、TICAのBoard Men\mber、そしてAsia Directorして、決してあってはならない致命的な「ミス」であったとしか思えません。

« TICA Board Memberとしての「自覚」「資格」「資質」を問う(15) | トップページ | TICA Board Memberとしての「自覚」「資格」「資質」を問う(17) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TICA Board Memberとしての「自覚」「資格」「資質」を問う(16):

« TICA Board Memberとしての「自覚」「資格」「資質」を問う(15) | トップページ | TICA Board Memberとしての「自覚」「資格」「資質」を問う(17) »

無料ブログはココログ