2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 原告”逆転勝訴”の和解、金銭支払う「深謝」の意味(12) | トップページ | 原告”逆転勝訴”の和解、金銭支払う「深謝」の意味(13) »

2017年12月24日 (日)

【TICA】選挙結果を前回と比較・分析すると…(3)

TICAのルール改正案の投票を振り返ります。

それぞれの改正案の投票数を「率」で示してみました。

◆ルール改正1:Amend Bylaw 120.2 → Yes=67.0%/No=33.0%

◆ルール改正 2:Amend Show Rule 22.1.2. → Yes=78.2%/No=21.8%

◆ルール改正 3:Add Show Rule 22.1.2.3 → Yes=72.4%/No=27.6%

◆ルール改正 4:Amend Show Rule 212.3, 212.4 → Yes=60.8%/No=39.2%


一番支持率が高かったのは「ルール改正 2」(Amend Show Rule 22.1.2)で、8割近い支持を集めたことが分かります。

このルール改正案は、ルールに「only」を入れるという単純な改正案(Regional Directorのショー日程の”拒否権”を特別なケースに限定するもの)でしたが、興味深いのはボードと一般メンバーの認識の”ズレ”です。

というのも、ボードでは賛否が真っ二つに割れ、最後は会長が賛成票を投じて可決したわけですが、メンバー投票では8割近くが支持したのです。

もうひとつ興味深かったのは最低の支持率だった「ルール改正 4」(Amend Show Rule 212.3, 212.4)でしょう。

アルターのファイナル要件の緩和であり、2016年の投票では64.9%が賛成票で、それほど高いとは言えなかったわけですが、今回は60.8%に下がりました。

再投票になったことを、1年間にわたる”周知期間”と考えると、それによって支持が約4ポイント減ったことは心に留めておくべきかもしれません。

« 原告”逆転勝訴”の和解、金銭支払う「深謝」の意味(12) | トップページ | 原告”逆転勝訴”の和解、金銭支払う「深謝」の意味(13) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【TICA】選挙結果を前回と比較・分析すると…(3):

« 原告”逆転勝訴”の和解、金銭支払う「深謝」の意味(12) | トップページ | 原告”逆転勝訴”の和解、金銭支払う「深謝」の意味(13) »