2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 原告”逆転勝訴”の和解、金銭支払う「深謝」の意味(7) | トップページ | 【重要】【速報】TICA会長選挙、Vickie Fisher氏が当選! »

2017年12月18日 (月)

原告側の主張② 前セクレタリー+77人「プロテスト」裁判

◇私の「陳述書」から(その2)

【K氏(前セクレタリー)らの「プロテスト」と89人の共同申立人について】

『共同申立人』名簿に載っている89人は、K氏が主宰するクラブと、そのクラブと連携してアクト潰しや私の排除を企てている3つのクラブに所属している会員であることから、私は、K氏が4つのクラブの会員名簿を、一部本人の承諾なく無断転載したと考えています

このクラブ以外は、当時のアジアディレクターであった訴外O氏がオーナーのクラブ、元アジアディレクターの訴外T氏が立ち上げたクラブ、K氏と親密な訴外U氏が事務局を務めていたクラブ(平成28年4月末で閉会)です

訴外O氏がオーナーのクラブはM氏の猫を4回にわたり出陳拒否し、平成28年4月末で閉会したクラブもM氏らの猫を出陳拒否し、訴外T氏は私やアクトに対する誹謗中傷をインターネット上で流布するなど、私は不当な差別や嫌がらせを受け続けてきました

訴外O氏がオーナーのクラブの出陳拒否については、M氏らが訴外O氏らに対し、損害賠償請求の訴えを起こし、訴外T氏については、私とM氏が名誉毀損による損害賠償請求の訴えを起こし、平成28年4月末で閉会したクラブの出陳拒否では、私とM氏が訴外U子氏に対し、損害賠償請求の訴えを起こしています

K氏が主宰するクラブの出陳拒否に対しても、私たちは損害賠償請求の訴えを起しています

『共同申立人』には、元アジアディレクターの訴外T氏、現在のセクレタリーである訴外A氏、訴外O氏がオーナーのクラブのジャッジの訴外N氏、K氏が主宰するクラブのジャッジの訴外Y氏が含まれます

この『プロテスト』が歴代のアジアディレクター、セクレタリーら上層部による組織的な集団パワハラであることは明らかです

この『プロテスト』以外にも、私はK氏から『愚か』とか『幼稚過ぎて笑ってしまいました』等と書いたメールを送り付けられるなど、陰湿な嫌がらせを3年以上にわたり、断続的に受け続けています

(続く)

« 原告”逆転勝訴”の和解、金銭支払う「深謝」の意味(7) | トップページ | 【重要】【速報】TICA会長選挙、Vickie Fisher氏が当選! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原告側の主張② 前セクレタリー+77人「プロテスト」裁判:

« 原告”逆転勝訴”の和解、金銭支払う「深謝」の意味(7) | トップページ | 【重要】【速報】TICA会長選挙、Vickie Fisher氏が当選! »