2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« 前アジアディレクター、控訴審で自ら〝説明〟へ② | トップページ | 前アジアディレクター、控訴審で自ら〝説明〟へ③ »

2017年11月22日 (水)

TICA副会長選挙:各候補の主張-TICA NEWS LETTERから⑤

質問5:今後10年先を見通した、あなたのTICAのビジョンは何ですか?どのような計画か、3つの例を示して下さい。

Francine Hicks副会長候補(TICA Judge and 前Northeast Region Director)


私はTICAを世界ナンバー1の登録団体であり、猫の福祉と知識に関して抜きんでた団体と考えています。私たちは最高になることによってそこに到達します。

それには、eコマース、メンバー、そしてショーが含まれます。私たちは楽しみと友情を引き付けるショーを続けています。私たちのプレゼンスを広げて定着するようにし、私たちの商取引をシームレスにし、顧客サービスを文句の付けどころなく最高のものにします。

私たちは、そこに連れて行くため、最高で最も聡明なメンバーを求めます。私たちはウェブサイトを人口的にも地理的にもユーザーフレンドリー、モバイルフレンドリーにします。

私たちは、猫、ショー、血統を追跡するためのアプリを開発しています。私たちは世界の新たな地域で計画的成長を確立します。

現在の分野でのプレゼンスの向上とともに、新市場でTICAを確立することです。私たちみんが成長できるように、他の分野で機能してきたアイデアやインセンティブをシェアする必要があります。

Anthony Hutcherson副会長候補(現Mid Atlantic Region Director)

10年内に、TICAはすべての全ての猫についての美的価値の鑑賞力、理解力、洞察力において頂点にいます。どうやってでしょうか?

1. 遺伝的スクリーニングの利用と適用の財政的、科学的、医学的、美的、政治的、法的な恩恵について、メンバーお啓発します。

2. 反繁殖の動きに対する法的及び政治的な対比論点を提供する科学的(および社会的)利益のため、目的を持って繁殖された猫の存在の正当性を立証するような科学コミュニティに関与していきます。

3. 科学の専門知識を持つメンバーに、より大きなペット産業のサポート、地域貢献活動/ウェブサイト/TRENDの明確さ、そして彼らと彼らの猫のため、物事をより良くするためにすべてをまとめるリーダーのデモンストレーションについての権限を与えます。

Steven Savant副会長候補(TICA Judge)

私のビジョンは、TICAが今日のキャットファンシーにおいて、「THE」が付くような最高の登録機関、最高のショー公認機関、選ばれるタイトルを提供する機関になることです。

1  メンバーのニーズに責任を持ちます。
2. クラブのショーライセンス料の構造を再検討します。
3.  エントリー数の増加をサポートするためにエントリー手続きとスコアリングの変更をサポートします。

Bobbie Tullo副会長候補(現副会長)

TICAの今後10年間の私のビジョンは、猫のために "行く"場所になることです。これに役立つと思うことは、キャットショーであり、ブランディング/教育であり、博覧会です。私は、私たちが正しい軌道に乗っていると思っていますが、最終結果にもっと集中していく必要があります。

※本日も2本を掲載する予定にしています。2本目の”夕刊”は18:00アップの予定です。

« 前アジアディレクター、控訴審で自ら〝説明〟へ② | トップページ | 前アジアディレクター、控訴審で自ら〝説明〟へ③ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TICA副会長選挙:各候補の主張-TICA NEWS LETTERから⑤:

« 前アジアディレクター、控訴審で自ら〝説明〟へ② | トップページ | 前アジアディレクター、控訴審で自ら〝説明〟へ③ »